全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

心温まる年賀状に 「ふれあい」印刷受け付け 帯広

「私たちの年賀状印刷をぜひ使って」とアピールする通所者と職員

 帯広市内の障害者就労継続支援所「ワークサポートふれあい」(東11南9、市民活動プラザ六中2階、山根隆所長)のパソコン部門が、来年の年賀状印刷の受け付けを始めた。厳選した60種類のデザインを用意した。30日までにはがきと印刷を一緒に注文すると、印刷代を10%割引くキャンペーンも行っており、「大切な人へのあいさつにぜひ使って」と呼び掛ける。

 デザインは、パソコン部門の通所者10人と職業指導員2人が手掛けた。市販のイラスト集やインターネット上のフリー素材などを活用し、完成させた。通所者の廣瀬晴朗(はるあき)さん(34)らが色鉛筆画で仕上げた、完全オリジナルも6種類ある。

 職業指導員の東山直樹さん(27)は「今回は背景も含め、全て色鉛筆画で作った手書きイラストがある。完成度が上がって温かみも増している。ぜひ見てほしい」と話している。

 普段は名刺や封筒の印刷、メモ帳作りなどを行っているが、最も力を入れているのが年賀状印刷。周辺の地域で人気も出てきており、昨年は3万2257枚を販売した。

 今年は6月ごろに準備を開始。試作は100以上になり、全員で60種類に絞り込んだ。印刷にはレーザープリンターを使用、プロに負けない仕上がりになる。家族の写真を入れたり、文面のアレンジにも対応する。

 印刷料金(100枚の場合)は白黒1500円、カラー2880円、写真入り4100円。注文から受け渡しまで10日ほどかかる。申し込み、問い合わせは同事業所(0155・23・6699、火-土曜日の午前10時~午後4時)へ。

関連記事

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

個性豊かな凧、大空へ 3年ぶり、全国から愛好家や市民集う 石垣島凧あげ交流..

 2022年第20回石垣島凧あげ交流会第10回全国シャクシメー大会(石垣島凧あげ大会実行委員会主催)が26日、南ぬ浜町人工ビーチで開催された。全国からの愛好家や地元の子どもたちら約150人が参加し、夏至南風...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク