全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

森林活用の学習促進へ【釧路】

 

協定書を交わした新井田理事長(左)と内山校長

 釧路市阿寒湖周辺の森林を管理する前田一歩園財団(新井田利光理事長)と北海道教育大学附属釧路小学校(児童数325人、内山隆校長)は12日、同財団の森林で行われている体験学習をさらに促進するための「学びの森」協定を結んだ。同財団と小学校の協定締結は初めて。約3600㌶の森林が附属小の学校林に位置付けられ、金銭面での補助が容易となり、さらなる活用法も探っていく。

 附属小は児童の自然環境への意識を高めようと、同財団と連携した「自然環境教育共同プロジェクト」を2011年から本格的に展開。2~6年生が年に1、2回阿寒湖畔を訪れて、同財団の職員から教わりながら、植樹や川の観察、エゾシカから樹木を守る樹脂ネットの巻き付け体験などを行ってきた。理科や社会、国語などさまざまな教科の内容を同時に学べる教科横断型の学習としても力を入れており、今年度は13日に最初の活動として3年生が昆虫の生態調査などを行った。

 協定では、阿寒湖畔までの移動に使うバス代の一部補助などが可能となり、体験学習で必要な虫網や胴長なども同財団側でそろえられる。活動場所はこれまで移動時間などの理由から阿寒湖の南側のみだが、別の場所でも行えないか模索する。活動と結び付ける教科も、英語などへの拡充を検討していくという。

 この日は阿寒町阿寒湖温泉の前田記念館「一歩荘」で締結式が行われ、新井田理事長と内山校長が協定書を交わした。新井田理事長は「森林を自由に隅々まで歩き回り、素材を探して附属小らしい授業を展開していただきたい。こちらもお手伝いをしっかりさせていただく」と活動の広がりに期待を示した。内山校長は「(前田一歩園初代園主の)前田正名氏の地域振興の精神を受け継ぎ、地域を担う人材の育成のため、よりダイナミックな活動を行っていきたい」と抱負を述べていた。        

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク