全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

地元ファン熱い声援/釧路で日ハム戦

 2017年に引き続いて7月31日、釧路市民球場で行われた北海道日本ハムファイターズの1軍公式戦。年1回の開催を心待ちにしていたファンは選手たちへと熱い声援を送り、プロの技に歓声を上げた。

 開場2時間前には球場駐車場は満員状態。試合前には釧路市内の高校、中学野球部がスタンドでプロの技を見学。球場外周には、前回同様、釧路地域のラーメン店主とラーメン愛好家でつくる「麺遊会」も出店するなど飲食ブースが立ち並び、観戦に訪れたファンの舌をうならせた。

 プロの練習を見学した釧路工業高校野球部で捕手を務める木村亮太さん(16)は「力強い。一球に対する思い入れが違うのを感じた。選手がどのように周囲を見てプレーしているのかをしっかり目に焼き付けたい」と語った。高校生の練習見学の一環で訪れた釧路北陽高校の上田智史校長は「岡選手が日本ハムの選手にあいさつしている姿をみて、感動した。道東連戦を制して順位を上げてほしい」と笑みを浮かべた。

 初回に10得点を挙げた日ハムが歴史的大勝を飾ると、スタンドは歓喜に包まれた。日ハムが北海道移転してからのファンだが、釧路で試合を見るのは初めてという、釧路市の中村駿太さん(25)は「初回の大量得点、三回の追加点で安心して見てられた。これだけ勝ってくれたら、次も見に行きたくなった。有原選手の活躍とレアード選手のホームランに感動した」と声を弾ませた。

関連記事

長野日報社

赤く染まる横谷観音展望台 紅葉が見頃に

 茅野市蓼科中央高原の紅葉が見頃を迎えた。横谷渓谷を眼下に望め、市街地が遠望できる横谷観音展望台(標高1600メートル)はカエデ類が色鮮やかになっている。  同高原観光案内所によると、最近の...

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク