全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

来月、日本国際観光映像祭 阿寒湖の魅力 作品上映 「CF協力を」【釧路市】

 国内外から寄せられた観光映像の審査、表彰などを行い、世界に発信する「第6回日本国際観光映像祭(JWTFF)」が3月13~15日にかけて、釧路市阿寒湖温泉の阿寒湖アイヌシアター「イコロ」で開かれる。道内初開催のイベントで、21日には総合ディレクターの木川剛志氏(47)=和歌山大学観光学部教授=が釧路新聞社に来社。開催に当たり、同月15日まで90万円を目標に実施しているクラウドファンディング(CF)への協力を求めた。

 JWTFFは観光映像をテーマとしたアジア唯一の映像祭。世界最大の観光映像祭ネットワーク「CIFFT」にも加わっており、アジア地域の魅力を伝えて誘客を促すような優れた映像を世界に届ける役割を担っている。

 2019年から開かれていて、北海道開催は今回が初めて。テーマは「美しき人々、生きる学びの空間へ」で、国際部門に1036本、日本部門には過去最高となる242本の応募があった。

 初日は、審査員らが出品された作品などについて語り合うフリートークをユーチューブでオンライン配信。2日目は開会式や応募作品の上映、北海道に関するフォーラム、3日目は表彰式などが行われる。

 このうち2日目の午後3時からは、映像作家たちが阿寒湖と鹿児島県与論町で、テーマを基に自由に作製した、それぞれの地域の魅力が詰まった映像5本(阿寒湖2、与論島3)を初めて上映するイベント「ファクトリー」が実施される。

 イコロで行うイベントについては一般市民らも来場可能。木川氏は「来場して見る熱気と感性のある映像は、1人で小さなモニターで見る映像とは絶対に違う。みんなで見ることがぜいたくな瞬間で意味のあること。ぜひ来場してほしい」と呼び掛けている。

 CFはCFサイトの「モーションギャラリー」で実施しており、サイト内のプロジェクトを探すから「日本国際観光映像祭」と検索することで詳しい内容が表示される。支援は1000円から可能。

来場を呼び掛ける木川氏

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク