全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

全日本花いっぱい田辺大会 植樹や記念モニュメントをお披露目

「花いっぱい田辺大会」の記念モニュメントを撮影する来場者=26日、和歌山県田辺市の新庄総合公園で

 「第61回全日本花いっぱい田辺大会」(実行委員会と全日本花いっぱい連盟主催)が25、26日、田辺市たきない町の新庄総合公園を主会場にあった。「花を通じ社会を美しく、心を豊かにする」という花いっぱい運動の思いを未来へつなげようと、26日には記念植樹や記念モニュメントのお披露目をした。

 クマノザクラを植樹し、記念モニュメントを設置したのは、公園内に新たに造成した円形花壇。大会後も花いっぱい運動の理念を実践し、市民が参画できる「レガシーエリア」となっている。
 記念植樹では、実行委会長の真砂充敏市長や岸本周平知事、県花を愛する県民の集い会長の二階敏博衆院議員らが、スコップで土を入れた。クマノザクラは2018年に国内の野生の桜として約100年ぶりの新種と発表された。紀伊半島南部を中心に分布していることから記念樹に選んだ。
 記念モニュメントは、花とみどりの妖精が「花いっぱい運動」を未来へつなぐ姿をイメージしている。チェーンソーアート元世界大会チャンピオンの城所ケイジさん(田辺市龍神村柳瀬)が、樹齢約200年の紀州杉を彫って制作した。
 除幕して高さ3メートル、直径1メートルの像が姿を現すと、歓声が上がり、記念撮影をする人が続々と花壇の周りに集まった。
 25日から2日間の大会中、JR紀伊田辺駅や市街地、主要幹線道路沿いには色とりどりの春の花で飾ったプランターが並んだ。NPO「花つぼみ」を中心に、市内各地の団体や小中学校、市民が育てたもので、雨のまちを鮮やかに彩った。
 紀南文化会館(同市新屋敷町)であった記念式典で、真砂市長は市民の活動をたたえるとともに「大会を機に、花を育て、心を育む花いっぱい運動の輪が未来に向かってさらに大きく広がるよう取り組む」と語った。

関連記事

釧路新聞社

キツネ被害 対処方法 市、ホームページに情報掲載【釧路市】

 クマやシカ、野鳥などの野生鳥獣に関する情報発信について、釧路市は新たにキツネの被害と対処に関する情報を市ホームページ(HP)に掲載した。市への問い合わせなどが多いことに伴う取り組み。担当の市環境...

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

紀伊民報社

ロケット発射を海から見よう 串本でカヤックツアーやクルージング

 和歌山県串本町田原で3月9日に発射が予定されている民間小型ロケットの見学場チケットが、販売から2日で完売するなどロケットへの関心が高まっている。そんな中、海から打ち上げを見学してもらおうと、町...

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク