全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

サクソフォンで全国へ【中標津】

全国コンクールを目前に意気込む高橋さん(右)とピアノ伴奏の橋本さん

第29回日本クラシック音楽コンクール(日本クラシック音楽協会主催)のサクソフォン部門に、中標津高校3年の高橋架(か)音(のん)さん(18)が出場する。

電子記録が残る第21回(2011年)以降、根室、釧路管内の高校生が出場するのは初めて。5日に東京都で開かれる全国大会には64人が出場する。高橋さんは「実力を試したい」と意気込んでいる。

 同コンクールは演奏別に20部門あり、それぞれに予選と本選がある。審査は採点方式(90点満点)で予選は70点以上が、本戦は80点以上が合格ライン。高橋さんはサクソフォン部門の予選(8月11日、帯広)を80点、本選(10月23日、札幌)を83点で通過し、見事全国大会出場切符を手にした。

 サックスとは中標津東小3年の時に出合い「かっこいい音色」に魅せられた。いまでは自前のフランス製アルトサックスで表現を磨き、将来は大学に進み演奏者になる夢がある。「いまの自分の実力を知りたい」と初めて応募した全国コンクールの楽曲は「ファンタジー」。ピアノの伴奏とともに表現する。

伴奏は、ピアノ歴15年で私立音大に進む予定の同級生橋本ひよりさん(18)に依頼した。橋本さんは「高橋さんの音を聞いてしっかりと演奏を支えたい」と話す。

前吹奏楽部顧問として高橋さんを指導してきた千葉春人教諭(56)は「全道ではずば抜けている。全国では自分らしい演奏をしてほしい」と期待している。

関連記事

冬の石垣島、幻想的に 美ら島イルミネーション点灯

 クリスマスを2週間後に控えた11日夕、石垣市役所第2駐車場前で恒例の美ら島イルミネーションが点灯され、約1万球のLEDライトが石垣島の市街地を幻想的に彩った。実施期間は11日から3月末まで。時間...

長野日報社

山ぶどうワイン発売 信大農学部 オリジナル品種原料

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で11日、信大オリジナル品種のヤマブドウ「五一アムレンシス」を原料にした「山ぶどうワイン」の販売が始まった。ブドウ栽培に携わった学生や技術専門職員ら...

しかけ絵本展

 豊橋市中央図書館1階児童室で、図書館クリスマス特別企画「開いてびっくり!しかけ絵本展」が開催中。小さな子から大人まで楽しめる、カラフルなしかけ絵本約40点を、華やかなクリスマスの飾りと共に並...

荘内日報社

酒田市琢成小 最新機器でデジタルアート体験

 酒田市の琢成小学校(上松由美子校長、児童167人)の4―6年生が10日、市総合文化センターで、郷土芸能の獅子舞などをモチーフにしたデジタルアート体験を行い、自作のお面をかぶり、スクリーン上の獅子を操るな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク