全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

選手団続々釧路入り/冬季国体あす開幕

本番に向け最終調整に励む群馬県成年チームの選手たち

 「北国の 雪と氷に 刻む夢」をスローガンに、第74回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会「イランカラプテくしろさっぽろ国体」がいよいよあす30日開幕する。すでに各都道府県の選手団が続々釧路入りしており、28日にはアイスホッケーの公式練習が始まり選手たちが臨戦態勢に入ったほか、市実行委員会による準備作業もほぼ終了するなど、あとは開幕を待つばかり。きょう29日は代表者会議や監督会議などの公式行事が予定され、大会ムードも本番を迎える。

 30日からの競技本番に備え、出場する43都道府県 の選手団は26日から徐々に釧路市入り。この日からアイスホッケーは2競技会場で公式練習がスタートし、地元北海道代表をはじめ、鹿児島、沖縄、栃木、長野などの少年・成年チームが汗を流した。このうち、日本製紙アイスアリーナでは群馬県の成年チームが最終調整。勝敗のポイントとなるパワープレーでの戦術確認など、45分間みっちりと汗を流した。

 チームは昨年12月の関東ブロック予選で茨城や千葉、山梨を退け、東京、神奈川、埼玉、栃木という強豪と並んで3年ぶりの出場権を得た。高橋巧監督は「故郷でプレーしたいという気持ちが強かったのか、釧路勢たちの目の色が違った」と気迫でつかんだ切符だったと振り返り、「まずは初戦突破を目指す」と語る。釧路でのプレーは前回国体以来9年ぶりというFW伊藤主将(34)は「とても懐かしく感じてプレーした」と語るとともに、「釧路勢は気合が入っている。若手とベテランのバランスも良いので、今回はベスト8を目指したい」と抱負を語った。

 また、スピードスケート競技の選手たちも来釧しており、29日からの公式練習を前に、この日は一般滑走に交じって調整に励む姿が多く見られた。

関連記事

盲導犬と共に暮らす多田野さん

豊橋LCゲストスピーチ例会  盲導犬を知ってもらう啓発活動と育成資金のための募金活動をしているボランティア団体「盲導犬ゼウスの会」の代表で、盲導犬「ゼウス」と生活している多田野正子さん(54...

紀伊民報社

熊野速玉大社の「御船祭」

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の例大祭「速玉祭」を締めくくる神事「御船祭」が16日に営まれ、観客の声援が飛ぶ中、大社近くの熊野川で9隻の早船による競漕(きょうそう)が繰り広げられた。 ...

荘内日報社

山形枝豆日本一産地化フォーラム

 山形枝豆日本一産地化フォーラム2019が16日、鶴岡市羽黒コミュニティセンターで開かれ、他産地の取り組みを学ぶ講演などを通じて大規模化とブランド化の両立について考えた。  日本一の枝豆産地化を目指...

むかわの秋の風物詩、シシャモのすだれ 浜風でうま味凝縮

 鵡川漁協が地域団体商標に登録し、全国的な知名度を誇る「鵡川ししゃも」のすだれ干しがむかわ町の加工各店でお目見えしている。今月1日に漁が始まり、翌日から町内各店前にずらり。うま味の凝縮を裏付ける...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク