全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

「県こども食堂応援ネットワーク」設立記念シンポジウムのパネル討論(和歌山市で)

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるような体制をつくるのが目的で、協力する会員を募集している。

 子ども食堂は県内に3月末現在で71カ所あり、県は来年度までに全小学校区(約200校区)に設置したいとしている。
 ネットワークは、子ども食堂の新規設置の相談対応や運営に利用する食材や物品、寄付の受け入れと配分、情報発信などをする。全国でもほとんどの都道府県で設置されているという。
 子ども食堂を運営、または開設予定の団体による「こども食堂会員」と、子ども食堂を支援する個人や企業、団体による「サポーター会員」を募集している。サポーター会員になるには、年間10万円相当以上の寄付金や食材、物資提供、輸送、貯蔵などの支援が必要。現在「こども食堂会員」に22団体、「サポーター会員」に2団体の申し込みがあるといい、今後増やしていきたいという。
 ネットワークの設立を記念して、ネットワークと県、県社福協は5日、和歌山市内でシンポジウムを開いた。子ども食堂関係者や、支援を検討する企業、団体関係者ら約200人が出席した。
 パネル討論ではネットワークの岡哲司会長、岸本周平知事や子ども食堂運営関係者、支援団体関係者が登壇。NPO「全国こども食堂支援センター・むすびえ」の湯浅誠理事長が司会を務めた。
 岡会長は、ネットワークの目的や取り組み内容を紹介し「さまざまな企業などからの支援を子ども食堂につなげていく。誰もが子ども食堂に関心を持ってもらえるよう、しっかりとPRしていきたい」、岸本知事は「人口が減少する中、ごきげんになれる地域コミュニティーをつくる一つのきっかけが子ども食堂だ」と協力を呼びかけた。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク