全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

高田さん「R―1グランプリ」決勝へ【別海】

R―1決勝に出場する高田ぽる子さん(マセキ芸能社ホームページより)

 町出身のお笑い芸人、高田ぽる子(本名・高田侑(ゆう)奈(な))さん(22)が、ひとり芸の日本一を決める「R―1グランプリ2021」の決勝に出場する。芸歴2年ながら初のファイナリストに残り、「いまだに実感が湧きませんが楽しみます」とツイッターでコメントしている。決勝戦は7日午後7時から、フジテレビ系列(道内はUHB)で全国放送される予定。   R―1は2002年に始まり今回から出場資格が芸歴10年以内に変更され、名称も「グランプリ」とカタカナに。主催者によると、今回は2746人が参戦し準決勝で30人から9人に絞られ、決勝は敗者復活戦の勝者を含めた10人で競う。人気芸人のゆりあんレトリィバァさん以外は初出場で、高田さんは最年少だ。

 高田さんは高校まで別海で過ごし、舞台女優を目指して札幌へ進学したが、現在所属するマセキ芸能社(東京)のマネジャーからお笑いを勧められたのを機に、芸人に転向した。上京後はオーディションを1年半受け続け、昨年9月に晴れて多くの芸人が所属する同社入りした。芸名は好きな豚(イタリア語でポルコ)に由来している。

 歌いながらフリップを使う芸が特徴で、小4から始めて高2の時(2016年)に全国大会に出場した経験を持つ特技のリコーダーをネタに盛り込むことも。R―1初出場の前回は準々決勝で敗退している。

 実家は酪農業で6人きょうだいの2番目。決勝進出の電話を受けた母綾子さん(50)は「本人はびっくりしていました。心配の方が多いですが、昔から決めたことを頑張る子なので楽しんでほしい」。妹の茉依さん(16)も「悔いの無いように頑張って」とエールを送っている。

関連記事

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

紀伊民報社

心安らぐピンク色の花 大賀ハス咲き始める

 和歌山県上富田町岡の田中神社近くにあるハス田で、大賀ハスの花が咲き始めた。世話をするグループによると、7月中旬ごろまで見ることができるのではないかという。  大賀ハスは、1951年に植物学者の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク