全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

アイヌ文様刺しゅうに/釧明輝高授業で挑戦

 釧路明輝高校(藤井一志校長)は11日、同校で3年生が「アイヌ民族の衣装と文様」をテーマにアイヌ文様について学び、刺しゅうを体験した。同授業は、通年で実施する同校独自の設定科目「アイヌ学」の一環。7人の外部講師から歌や踊り、料理、刺しゅうなど体験的な学習を通して、アイヌ文化や伝統を肌で感じ学んでいる。

 この日は、12人の生徒が、アイヌ語り部などとして活動している郷右近富貴子さんから刺しゅうを学んだ。生徒たちは、5種類のアイヌ文様の紹介と刺しゅうの手順などの説明を受け、布袋に鉛筆で、5種類の中から気に入った文様を組み合わせるなど下書き。それから、それぞれ文様の刺しゅうに挑戦した。

 生徒たちは、下書きの文様に沿い、郷右近さんにチェーンステッチのやり方や針さばきなどを熱心に質問。仲間同士で相談し合いながら、悪戦苦闘し作品製作に取り組んだ。福田優希さん(17)は、「最初は難しかったが、慣れると思っていたよりもスムーズにできるようになった」と笑顔で話していた。

関連記事

長野日報社

品種も多彩シクラメン 信大農学部構内で鉢植え販売

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で、学生らが育てたシクラメンの鉢植えの販売が行われている。今年新たに栽培を手掛けた2品種を含む20品種1600鉢を用意。多彩な花姿や鮮やかな色合いに...

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク