全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

大粒食感で甘み/人気の中標津産納豆

 中標津町産大豆を使用した納豆「中標津ユキホマレ大豆大粒納豆」が静かなブームを呼んでいる。昨年からAコープ中標津店あるるで販売しており、入荷してすぐに売り切れるほど町民からは大人気。原料の大豆を栽培する、希望農場の佐々木大輔さん(47)は「地元産食材で彩られた食卓を作るのが夢」と目を輝かせる。

 佐々木さんが栽培しているのは「ユキホマレ」と呼ばれる品種で、国産大豆の中でも特に甘みが強く、大粒なのが特徴だ。

 希望農場では酪農の他にも小麦や大麦、小豆なども栽培しており〝中標津産食材〟の普及に尽力している。大豆の栽培は2015年から開始。当初は他の品種も扱っていたが、今年から作付面積を2㌶から6㌶に増やし、同品種一本に絞った。佐々木さんは「酪農が中心の中標津町で、一つの畑作モデルになれば」と語る。

 大粒独特の食感と確かな甘みに目を付けた、中標津町農協購買部長の長渕豊さん(56)は「納豆として販売できないか」と考え、複数社に試供品の作成を依頼。このうち、札幌のマルカワ食品のサンプルが甘みを強く感じられ、納豆に欠かせない粘りが強いものだった。試供品完成後、同社の社長直々に「なぜこの大豆はこんなに甘いのか」と問い合わせがあったという。

 その後、同社と同農協で共同開発を進め、タレには鮭ぶしを使用するなど地域色を強める工夫も行っている。長渕さんは「全国展開になる可能性を秘めた商品」と力を込める。

 原料を提供する佐々木さんは「納豆としての出来栄えは大満足。他の納豆と食べ比べもしてほしい」と自信をのぞかせる。Aコープあるるへの次回入荷は1日。3個入り1パック108円(税込み)で販売している。また、町内のラーメン店「あら陣」では、中標津納豆を使った期間限定メニュー「納豆まぜそば」(税込み880円)を同日から販売する。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク