全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探検隊パート2~」を開催する。  A4判8㌻の台紙を手に、今年は大冒険コースと冒険コースの2種類を楽しめる。大冒険コースは市内35カ所の観光資源を訪れてスタンプをゲット。すべてを集めてゴールすると、先着順に番号が記された「いなりん探検隊隊員証」と「いなりんオリジナルスタンプシール」がもらえる。豊川稲荷千本のぼりや御津山園地など新たに12カ所が加わり、昨年の全24カ所から大幅に増えた。  冒険コースでは全35カ所から指定した豊川稲荷周辺6カ所のスタンプを集めてゴールすると、オリジナル缶バッジがもらえる。2時間もあればゴールでき、市外からの観光客も参加できる。台紙を掲載された市内約40店舗の店員に見せると特典を受けられるサービスもある。  昨年度はラリーに東三河を中心に約5000人が参加し、そのうち404人がゴール。参加者から「スタンプをきれいに保存したい」という要望が多く、新たに保存用の「いなりんオリジナルノート」(税込み100円)を販売する。  台紙はプリオ5階の市観光協会や豊川稲荷門前の観光案内所、市内の公共施設やホテルなどで配布。ゴールの受付やノート販売は観光協会と観光案内所で行う。問い合わせは観光協会(0533・89・2206)へ。

関連記事

ふるさとPRフェスタに十勝の西部4町が出展

 東京都台東区内で19、20の両日開かれた「第4回ふるさとPRフェスタ」に、西十勝の4町(芽室、清水、新得、鹿追)が合同で出店。乳製品や農産物など、自慢の特産品を販売した。  十勝町村会(会長...

紀伊民報社

リレーマラソン「パンダラン」

 和歌山県教育委員会と体育協会、田辺市は20日、同市上の山1丁目の田辺スポーツパークで、第3回わかやまリレーマラソン「パンダラン」を開いた。2105人がエントリーし、施設内の周回コースを力走した...

運動して牛乳 健康の秋満喫 音更で「みるウオーク」

 運動後に十勝産牛乳を飲んで、健康づくりを図るイベント「みるウオーク」(十勝あるくミルクプロジェクト実行委主催)が20日、音更町で催された。秋晴れの下、親子ら約200人がゴール目指して歩き、爽...

紀伊民報社

列車内が特別な空間に 「トレイナート号」運行

 和歌山県内を走るJR紀勢線をアートで彩る「紀の国トレイナート2019」(実行委員会主催)のイベントの一つ、臨時列車「紀の国トレイナート号」の運行が19日、始まった。車内に飾り付けられた植物を眺...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク