全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

純米吟醸酒「豊川いなり心願『叶』」発売

 豊川の食と文化を育てる会(中杉和雄代表)は、今年も5月4日から純米吟醸酒「豊川いなり心願『叶』(かなう)」を発売する。4合瓶(720㍉㍑)で、価格は税別1500円。  アルコール分16度で、原料米に豊川産の「稲荷の里」を80%使用。熱処理した貯蔵酒で、日持ちする。製造する関谷醸造の遠山久男専務取締役は「口に含んだ瞬間はスッキリ感を感じ、その後は米のうま味を感じさせる純米酒らしい酒。肴(さかな)と合う食中酒です」とPRする。  約1500本を醸造し、豊川稲荷周辺の酒店やJAひまわり関連店、ヤマサちくわなど市内15店舗で販売。問い合わせは豊川商工会議所内の事務局(0533・86・4101)へ。

関連記事

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

更別村のビール誕生 副原料に特産5品目 JA青年部50周年記念

 JAさらべつ青年部(赤澤翔太部長)は、今年創立50周年を迎えたことを記念し、更別産の農産物を副原料に使用したクラフトビール「さらべつふるえーる」を開発した。赤澤部長は「更別を詰め込んだビールがで...

長野日報社

「ごくらくセット」新装 諏訪五蔵の酒造めぐり 長野県諏訪市内

 長野県の諏訪観光協会と諏訪市内5軒の造り酒屋(諏訪五蔵)は27日、五蔵が通年で行う酒造めぐり「ごくらくセット」を4月からリニューアルすると発表した。御朱印帳をイメージした台紙を作製し、各蔵を回...

黒ブドウを白ワインに 十勝初の商品化 池田・まきばの家

 池田町清見の「十勝まきばの家ワイナリー」は4月1日、白ワインの新商品「清見ブラン」を発売する。「ブラン・ド・ノワール」と呼ばれる黒ブドウ100%による白ワインは珍しく、商品化は十勝のワイナリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク