全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

遊休地整備してロケ地創ろう 諏訪圏フィルムコミッション

ロケ地化を目指し作業を行う諏訪市豊田覗石区の現場を案内する宮坂洋介さん

諏訪地方観光連盟諏訪圏フィルムコミッション(FC)は、諏訪市内の遊休地を地域住民の手で整備し、映画などのロケ地として紹介できる場所をつくる「ロケ地をみんなで創ろう!プロジェクト」を始める。ボランティアや協賛企業を募り、年間8回ほど整備作業を行う。初回は25日午前8時30分からで草刈りや間伐などを同市豊田覗石区で行う。

市内では旧湖南小学校後山分校や、かつて市清掃センターとして使われていた施設が映画やドラマ、音楽ビデオの映像のロケ地に使われてきたが、いずれもすでに解体された。同FCは「時代の流れで失われるロケ地があるのは仕方ない。一方で、手を入れればロケ地になる遊休地もある。エキストラや炊き出しボランティアとは違う映画などの支え方もあるのでは」とし、住民の協力を得てロケ地創出を目指す。

最初に取り組む覗石区の市有地は、広さは約9万3000平方メートルで東京ドーム約2個分。同FCの宮坂洋介さんによると、人工物が写らないロケーションで時代劇や合戦のシーンなどでの利用が想定できるという。撮影に対応できる「劇用馬」を飼育する乗馬クラブが茅野市や山梨県北杜市にあり、100人規模のスタッフの宿泊施設があり、都内から2時間30分という立地条件からも「諏訪地方には大型時代劇の撮影に適した環境がある」とし、「絵になる場所を市民と共につくっていけばロケの誘致にもつながる」と期待する。

5月中旬にロケ地化を目指す現場を訪れた宮坂さんは「雑木や雑草の成長が早い。先手先手の対応をしてかないと」と話した。1回当たりの作業人数は20人程度。2回目以降は26日、6月8、9日に予定している。協賛企業も同時募集。問い合わせは同FC(電話0266・52・4141)へ。

関連記事

長野日報社

ダイナミックな五つの遊び体験 「ASOBINA」24日オープン

伊那谷の自然や地形、景観を生かしたダイナミックな遊びが楽しめるエリア「ASOBINA(アソビナ)」が24日、伊那市横山にオープンする。プロパラグライダーパイロット呉本圭樹さん(41)=同市=が...

長野日報社

桜の高遠城跡「御城印」 咲き方に合わせ4種類

長野県伊那市高遠町の一般社団法人・環屋は、高遠城跡「御城印」の桜柄を新たに作り、城址公園の観桜期に同所(旧中村家住宅)で販売する。▽咲き始め▽五分咲き▽満開▽散り終わり―の4種類の柄を用意。開花宣言...

春風が気持ちよさそうコイノボリ

蒲郡の拾石川  蒲郡市拾石町の拾石川に、今年もこいのぼりが登場した。川の上下流の2カ所で春風を受けてそよいでいる。  河川管理ボランティアの地元住民グループ・未来塾(石川賢治代表)が毎年こ...

無観客で新城ラリー開幕

 JAF全日本ラリー選手権第2戦「新城ラリー2020」(実行委員会主催)が14日、新城市内で開幕した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止とするため、17回目の大会では初めて無観客での競技となった...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク