全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

新成人が酒造りに挑戦 辰野の小野酒造店

蒸した酒米をタンクへ入れる新成人

長野県辰野町小野の小野酒造店で、新成人による酒造りプロジェクト「oresake(オレサケ)」が進められている。町内出身または在勤の男女5人が参加し、地元産の酒米を使った仕込みからラベル制作までを自分たちで行う"オール辰野"の酒造りに挑戦。3月に商品化する予定で、地場産品の魅力発信と郷土活性化につなげようと積極的に取り組んでいる。

プロジェクトは、同酒造店と町内酒販店でつくる辰野酒商組合が、若者に町の地酒の素晴らしさを知ってもらおうと提案。官民連携組織の食の革命プロジェクト運営協議会や町地域おこし協力隊と連携して、昨年8月の町成人式で参加を呼び掛けた。

参加者はいずれも21歳で会社員の小野華奈さん=辰野町出身=、小澤誠世さん=同=、春日利雄さん=同=、町内事業所に勤務する古畑帆崇さん=松本市出身=、町地域おこし協力隊の角谷達則さん=愛知県出身=の5人。

昨年9月にプロジェクトが始動し、同酒造店の杜氏らによる酒造りの基礎講座を経て、ラベルの原案を検討。オリジナル商品となる純米酒のコンセプトを「香り高く華やかで、濃い酒」と決め、今月11日の仕込み作業に臨んだ。

仕込みでは、前日洗った酒米を蒸した後、手で混ぜて適正な温度まで冷まし、次々とタンクへ運んでかい入れ(かくはん)を行った。白米で79キロを使い、720ミリリットル入り瓶約700本分を仕込んだ。3月上旬に搾りの作業を行い、同月中旬以降にラベルを張って販売する計画だ。

参加者は0度以下まで冷え込んだ蔵の中で、白い息を吐きながら作業。「1分1秒を争う過酷な仕事。人の手が入ってこそ、おいしい酒になることが分かった」「地元でオリジナルの酒造りができる貴重な機会。思い描いた酒になるよう、最後までしっかりと作業したい」と話していた。

プロジェクトは、来年度も若者を対象に継続展開する考え。同酒造店の小野能正社長(61)は「みんな一生懸命に取り組んでくれて頼もしい。小さな酒蔵の小さな試みだが、少しでも日本酒に興味を持つ若者が増えれば」と期待している。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク