全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新城城よみがえる

設楽原歴史資料館で復元された立体模型など並ぶ

 戦国時代に築かれた新城城(しんしろじょう)の機能や関わった人たちを紹介する企画展「新城城~今、蘇る新しき城」が、新城市設楽原歴史資料館で開かれている。市内に残されていた図面を元に復元された部屋割りの立体模型や、城主が制作したとされる茶わんなど40点を展示している。11月25日まで。  同市東入船地内にある市役所本庁舎は、かつて同所にあった新城城敷地内。同展は今年5月7日に新庁舎が供用開始し、10月には“新しい城”を意味する世界の都市の住民らが集う会議が行われるのに合わせた。  新城城は長篠・設楽原の戦いに参戦した長篠城主の奥平信昌によって豊川河畔の郷ケ原(現在の新城小学校周辺)に築かれた。信昌は家康の長女亀姫を妻に家族や家臣を持って15年過ごした。1648(慶安元)年からは、菅沼定実はじめ菅沼家が明治維新までの約220年居城した。  同館では菅沼家の菩提(ぼだい)寺・宗堅寺(同市宮ノ前)に所蔵されている江戸時代末期の新城城の古図をもとに部屋割りの立体模型を作製。天守閣はなく御殿があり、内部には政治を行う場と、生活拠点となる場の公私を分けた部屋の配置がなされていたという。  展示ではこのほか、菅沼定実が作陶したとされる「赤楽茶碗」(同寺蔵)「抹茶茶碗」(同)や、鬼瓦(新城図書館蔵)天神像(同)なども出展している。  同館では「今後は新たな発掘を行ってより詳細な復元を図っていきたい」と話している。  期間中は休館日なし。開館時間は午前9時から午後5時まで。入館料は高校生以上300円、小中学生100円。

関連記事

紀伊民報社

好天に漂う梅の香り 南部梅林

 天候に恵まれた3連休中日の10日、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林は多くの家族連れらでにぎわった。花は五分咲きで、ばらつきがあるが、満開に近い木もある。次の週末に見頃を迎えそうだ。  世界農業遺...

奄美の黒糖焼酎も好評 東京で「かごしま食の大交流会」

 鹿児島県の特産品と観光の魅力をアピールする「かごしま食の大交流会inTOKYО」が1月31日、東京都内のホテルであった。日本一の評価を受けた鹿児島黒牛とともに、2020年の世界自然遺産登録を目指...

突き出すキノコ氷 上士幌の糠平湖

 氷を載せた切り株が並ぶ、上士幌町糠平湖の冬の風物詩「キノコ氷」が今年もお目見えした。厳しい自然環境が生み出す氷の造形が、釣り人や観光客らの目を楽しませている。  糠平湖は1955年、原生林を...

長野日報社

今季出現「厳しそう」 諏訪湖の御神渡り

 諏訪湖を覆った氷がせり上がる「御神渡り」の判定と神事を担う八剱神社(諏訪市小和田)の関係者は30日朝、氷の状況を確認した。宮坂清宮司(68)は「今の状況だと(今季の)全面結氷は厳しい」と語り、2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク