全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「松柏の枝豆」直売始まる お盆に合わせ市民買い求める

 鶴岡市家中新町の松柏会館で12日、今季の「松柏の枝豆」の直売が始まった。極早生品種が店頭に並び、同市内の13日の「お盆」に合わせ、初物を求める市民らが店頭に訪れた。9月中旬ごろまで販売する。

「松柏の枝豆」の直売がスタート=12日午前、鶴岡市・松柏会館

 直売はNPO法人荘内松柏会(佐藤謙理事長)の関連会社「松柏種苗部」(菅原和行社長)が2013年から始めた。同会の枝豆生産者でグループをつくり、だだちゃ豆系を中心に統一ブランド「松柏の枝豆」として販売。独自の手引で品質を統一し人気を集めている。

 初日のこの日は「味風香」を約70袋(1袋500グラム)用意。午前9時の開店と同時に、市民が次々と訪れた。近くの梅津りえさん(61)は「朝の散歩で販売を知らせるのぼり旗を見たので、お盆用にとさっそく来ました。松柏の枝豆はおいしいですよね」と話した。東京の知人への贈答用に買い求める市民もいて「発送する前にまずは自分で味見する。楽しみ」と笑顔を見せていた。

 7月は日曜の販売を休み、8月は毎日営業予定。当面は味風香、おつな姫、7月下旬からだだちゃ系の庄内1号、早生甘露などを販売予定。価格は全品種統一で1袋500グラム入り650円(税込み)。販売時間は午前9時―午後4時(土曜は正午まで)。全国発送も行う。問い合わせは松柏種苗部=電0235(23)8955=へ。

 荘内松柏会は1936年、庄内一円の農業青年らで結成。農業技術の研修や良種苗の配布、米の品評会などを行い、庄内の風土に根差した篤農家を育成。だだちゃ系枝豆の庄内1号、3号などは会員が育種、継承している。

関連記事

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

撮影風景や衣装を間近に 映画「馬橇の花嫁」帯広競馬場で展示

 幕別町出身の映像作家逢坂芳郎さん(43)が脚本・監督を務め、昭和30年代の十勝の農村を舞台とした短編映画「馬橇(そり)の花嫁」の公開に先立ち、特別パネル展が帯広競馬場で開かれている。場面写真...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク