全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

紙芝居で「御渡り」と冬の諏訪湖風物紹介

紙芝居「御渡り」を作った河西さん(左)と小平さん

 5季ぶりの出現が期待される諏訪湖の御神渡り(御渡り)。小学生にも御神渡りを知ってもらおうと、信州児童文学会とうげの旗同人の河西皆子(本名、美奈子)さん(46)=岡谷市銀座=と、グラフィックデザイナーの小平陽子さん(49)=同市塚間町=が、紙芝居「御渡り」を作製した。オリジナルキャラクターの掛け合いで、神話と自然現象、歴史から冬の諏訪湖風物を紹介する内容。厳冬期を迎えて一層話題が高まりそうだ。

 御神渡りに関する書籍は専門的で子ども向けがないことに気付き、小学校高学年が分かるように手掛けた。御神渡りの判定と神事をつかさどる諏訪市小和田の八剱神社の宮坂清宮司に話を聞き、資料や諏訪の民話などを参考にし、河西さんがオリジナルシナリオを担当。小平さんは鉛筆で下絵を描いてから、パソコンの画像処理ソフトで絵筆のように仕上げた。2017年12月に完成し、岡谷市の小学校2校と諏訪市教育委員会の親子講座で披露している。

 紙芝居はA3サイズ全10枚で、キャラクターの「スワんこ」ちゃんと「天リュウ」くんがガイド役。表紙の神聖な御神渡りのイラストで始まり、神社関係者による拝観式、男神が女神に会いに行く場面、3本の筋の位置、1396年から続く神社の記録、「明けの海」の年、かつての下駄スケートなども紹介し、多面的に触れている。

 2人で紙芝居を手掛けるのは2016年に作った「諏訪の御柱祭」に続き2作目。1年がかりで完成し、「荘厳なイメージとキャラクターのイラストで全体のまとまりが難しかった」と振り返る小平さんは「対話式なので読み手が工夫でき、大人も楽しめるのでは」。上演時間は約10分。河西さんは「子どもに伝わり、楽しく聞けるようにした。御神渡りを勉強して知ることが多かった。子どもたちにも生まれ育った地域の文化として耳や心に残ってもらえれば」と期待した。

 150部作り、今月から諏訪地方の図書館で借りられる予定。価格は1部1900円で、笠原書店本店で扱う。紙芝居の問い合わせは、岡谷お話の会の高橋さん(電話080・5407・7012)へ。

関連記事

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント  子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参...

荘内日報社

大雨 Uターンの足直撃

 庄内地方は16日、前日夜から降り続いた大雨の影響で、JR羽越本線は一部区間の運転を見合わせ、日本海沿岸東北自動車道あつみ温泉インターチェンジ(IC)―鶴岡西IC間が全面通行止め、国道7号堅苔沢地内が...

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。  同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の...

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク