全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

紙芝居で「御渡り」と冬の諏訪湖風物紹介

紙芝居「御渡り」を作った河西さん(左)と小平さん

 5季ぶりの出現が期待される諏訪湖の御神渡り(御渡り)。小学生にも御神渡りを知ってもらおうと、信州児童文学会とうげの旗同人の河西皆子(本名、美奈子)さん(46)=岡谷市銀座=と、グラフィックデザイナーの小平陽子さん(49)=同市塚間町=が、紙芝居「御渡り」を作製した。オリジナルキャラクターの掛け合いで、神話と自然現象、歴史から冬の諏訪湖風物を紹介する内容。厳冬期を迎えて一層話題が高まりそうだ。

 御神渡りに関する書籍は専門的で子ども向けがないことに気付き、小学校高学年が分かるように手掛けた。御神渡りの判定と神事をつかさどる諏訪市小和田の八剱神社の宮坂清宮司に話を聞き、資料や諏訪の民話などを参考にし、河西さんがオリジナルシナリオを担当。小平さんは鉛筆で下絵を描いてから、パソコンの画像処理ソフトで絵筆のように仕上げた。2017年12月に完成し、岡谷市の小学校2校と諏訪市教育委員会の親子講座で披露している。

 紙芝居はA3サイズ全10枚で、キャラクターの「スワんこ」ちゃんと「天リュウ」くんがガイド役。表紙の神聖な御神渡りのイラストで始まり、神社関係者による拝観式、男神が女神に会いに行く場面、3本の筋の位置、1396年から続く神社の記録、「明けの海」の年、かつての下駄スケートなども紹介し、多面的に触れている。

 2人で紙芝居を手掛けるのは2016年に作った「諏訪の御柱祭」に続き2作目。1年がかりで完成し、「荘厳なイメージとキャラクターのイラストで全体のまとまりが難しかった」と振り返る小平さんは「対話式なので読み手が工夫でき、大人も楽しめるのでは」。上演時間は約10分。河西さんは「子どもに伝わり、楽しく聞けるようにした。御神渡りを勉強して知ることが多かった。子どもたちにも生まれ育った地域の文化として耳や心に残ってもらえれば」と期待した。

 150部作り、今月から諏訪地方の図書館で借りられる予定。価格は1部1900円で、笠原書店本店で扱う。紙芝居の問い合わせは、岡谷お話の会の高橋さん(電話080・5407・7012)へ。

関連記事

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

荘内日報社

地域おこし協力隊員らが「複業」事例発表

 生業や地域づくりを考えるイベント「仕事が無いなら自分で作る?~若者がナリワイを作って活気のある地域に」が14日、三川町文化交流館「アトク先生の館」で開かれ、同町で活動している地域おこし協力隊の伊藤秀...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク