全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

詐欺被害を未然に防ぎ感謝状【別海】

感謝状を手に村山さん(中央)

 還付金詐欺被害を未然に防いだとして中標津署(山本利光署長)は23日、大地みらい信用金庫別海支店(松井芳憲支店長)に感謝状を贈った。

 この事案は12日、町内在住の60代女性が役場職員を名乗る男から電話で「介護保険が戻る」などと言われ、通帳とカードを持って金融機関に向かうよう指示された。向かう途中、相手から携帯電話に続けて2回入電があり、入店した時点ですでに不信感を抱いていた女性に窓口担当者が声を掛け、詐欺の予兆電話だと諭し、警察につないで被害を食い止めた。

 過去に別の店舗で同様の経験があり「迷わず対応できた」という勤続34年目の村山厚子さんは「これはおかしいとすぐ思った。お客さまの財産を守ることが第一なので被害を防げて良かった」と話した。山本署長は「水際で防いで頂き本当にありがたい」と感謝した。

 同署管内では、2018年7月に名義貸しで当時70代の女性が1300万円をだまし取られた事件以降は発生していないが、詐欺の予兆電話などの相談は年間約20件ほど寄せられているという。 

関連記事

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク