全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

参院長野県区補選 羽田次郎氏が出馬表明

参院選県区補欠選挙への出馬を表明する羽田次郎氏=25日、長野市

 立憲民主党の羽田雄一郎氏の死去に伴う参院県区補欠選挙(4月8日告示、25日投開票)で、羽田氏の実弟で立憲新人の会社役員、羽田次郎氏(51)=上田市=が25日、長野市内で会見し、立候補を表明した。雄一郎氏の命を奪った新型コロナウイルス感染症の「一日も早い収束」に向けた対策強化を訴えるとともに、故人が目指した政権交代可能な2大政党制を実現させて「緊張感ある政治をつくる」と述べた。

 次郎氏は野党統一候補となる見通し。会見では、志半ばで急死した雄一郎氏について「その無念を一番理解しているのは羽田次郎だと胸を張って申し上げられる」と強調。世襲批判は「真摯に受け止めたい。ただ、兄の悔しさを晴らしたいとの思いが(出馬を)決心させた」とした。

 また、「死者がもう出ないように対策を国政の中で進めていかなければならない」とし、疲弊する経済対策も含めて「きめ細やかな対応をしていくためには地域分権、地域主権を進めて、地域のことは地域で決める政治をやっていきたい」と述べた。

 次郎氏は故・孜元首相の次男で、東京都出身。フランスのアルザス成城学園高校卒、米ウェイクフォレスト大中退。孜元首相の秘書などを務め、現在はコンサルティング会社社長。2017年の衆院選では比例代表東京ブロックに旧希望の党から立候補したが、落選した。

 補選をめぐっては、既に自民党新人で元衆院議員の小松裕氏(59)、「NHK受信料を支払わない方法を教える党」新人の神谷幸太郎氏(44)が立候補を表明している。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク