全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

イルミ点灯のリーダーは中学3年生【釧路町】

プロムナード初のイルミネーション設置に向け意気込む佐藤さん(右)と金子部長

 町の新たな憩いの場、交流プロムナードを光でいっぱいにしよう―と、町商工会青年部と昆布森漁協青年部、町役場職員組合青年部でつくる町青年交流会が、クリスマス前にイルミネーションを点灯する。「夢を叶(かな)えるプロジェクト」と銘打つ企画のリーダーは、町立富原中学校3年の佐藤萌笑(もえ)さん(15)。同交流会とタッグを組み、夢の実現に向けて準備を進めている。

 きっかけは今年9月、町商工会青年部が町内全小、中学生を対象に行ったアンケート。将来の夢や挑戦したいことといった質問に、佐藤さんが「冬に祭りが少ないので、イルミネーションで町を明るくしたい」と提案。この回答に注目した金子翼憲(よしのり)同部長が交流会に声を掛け、実現に向けて動き出した。

 交流プロムナードは2019年3月に供用開始した木場仲通り(延長320㍍)に接する遊歩道。イルミネーションは初開催で、長さ約5㍍の光のトンネルや高さ1・8㍍のハート型オブジェ、花壇一面に電飾を飾るミルキーウェイなど、約1万個のLED電球を取り付ける。会場には高さ3㍍ほどのクリスマスツリー2基も設置。点灯初日には、来場者にリボンの飾り付けをしてもらう計画だ。

 イルミネーションやツリーのリボンなどは佐藤さんのアイデア。「プロジェクトリーダーは、どきどきするけどいい経験。子供から高齢者まで多くの人の心に残るイルミネーションにしたい」と声を弾ませる。金子部長は「昨年設立した交流会にとっても初めての企画。今年はコロナ禍でイベント中止や自粛ムードが続く中、町の元気につなげたい。名所になるよう、来年以降も継続したい」と話している。  点灯式の日時は、新型コロナウイルス感染防止のため、町内の児童生徒のみに通知。来年2月ごろまで点灯する。

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク