全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

高齢者外出バス事業 コロナの影響で利用減【釧路】

厳しい状況が続いている路線バスの利用

釧路市の高齢者外出促進バス事業「おでかけパスポート70(通称・おでパス)」は、交付件数が3月末で1万2410件に達していたが、9月末では16・5%減の1万366件に減少した。新型コロナウイルス感染拡大の影響とみられるが、市は全町内会の回覧板にPRチラシを添付するなど、今後の利用増に期待している。

 おでパス事業は70歳以上の高齢者のバス利用による社会参加の活性化を目指し、昨年6月にスタート。市内全域及び一部市外を加えた一定エリア内の定期路線バスを、1乗車100円(一部500円)で利用できる。負担金500円で1年間有効。70歳に達した時点で利用でき、市内の各郵便局で申請を受け付けている。申請には健康・介護保険証など官公署発行の身分証明書が必要だ。

 市は初年度の昨年度、従前の助成事業の利用率53・4%を目安に約2万1000人の利用を目標に据え、3月末の交付実績1万2410件については「まずまずの実績」と評価し、以降の広がりに期待していた。しかし、1年有効の更新期を迎えた6月末の交付は1万315件に後退し、更新を控えている利用者もいるようだ。

 新型コロナの非常事態宣言が5月25日に解除されているものの、特に高齢者の警戒心は強く、おでパスの利用にも影響しているとみられる。しかし、担当の市介護高齢課によると、8月の新規および更新の交付枚数は585件(前年同期542件)、9月が540件(同502件)と前年実績を上回り、「回復しつつある」(久万田康司課長)と期待している。

 一方、地域のバス会社はさまざまなコロナ対策を講じているが、主な市内路線を担うくしろバスは、10月の利用者が前年同期の約40%減と厳しい状況が続いている。

関連記事

苫小牧 三星 カナダ産ハスカップ初輸入 道産品年々減少安定供給へ

苫小牧市糸井のパン菓子製造・三星は、良質なハスカップを安定して確保しようと、カナダ産を初めて輸入した。果実不足で販売を休止した商品の復刻や、新商品の開発に活用する方針で、「よいとまけ」などの看板商...

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク