全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「RVパーク」人気高まる 長野県原村が利用増見込み拡充

原村が新しい観光スタイルとして利用増を見込む「RVパーク」=温泉宿泊施設「樅の木荘」敷地内

 原村所有の温泉宿泊施設「樅の木荘」が管理する施設「RVパーク」(車中泊専用エリア)の人気が高まっている。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて通常の宿泊業が落ち込む中、人との接触が少ない、新しい旅行スタイルとして村は今後も需要が高まるとみている。観光業への経済対策の一環で、RVパークの電源や区画など設備を拡充したほか、周辺に遊歩道も整備する計画で、旅の選択肢のひとつとして魅力を発信していく。

 村は8月末に「電源あり」の区画を四つ増やし、計10区画に拡充した。また、現パークの一段下の旧テニスコートを活用し、「電源なし」の区画を計5区画設けた。10月6日には、新設の「電源なし」区画に村職員がRVパークの看板を設置した。

 料金は電源ありが1泊2500円、電源なしが1泊1500円。樅の木荘によると、今年の8月の利用は電源ありが96件(前年比10件増)、電源なしが42件(同比1件減)で、9月の利用は電源ありが71件(同比28件増)、電源なしが30件(同比13件増)だった。18年度と19年度の収入を比較しても増加傾向という。

 特にお盆期間や9月の4連休には満車が続き、問い合わせも多かったという。朝夕の食事を樅の木荘で食べたり、隣接する日帰り温泉施設「もみの湯」を利用したり、周辺施設と合わせて利用できる点が人気という。樅の木荘の関係者は「密にならない旅行スタイルとして選ばれているのではないか。キャンピングカーで移動しながら次の目的地を目指す方もいる」と話す。村商工観光課は「これからの観光スタイルとしてRVパークの人気を後押ししたい」とした。

関連記事

荘内日報社

看護職の魅力知って 地元高校生対象に現場体験

 看護職を目指す地元の高校生を対象に、県庄内保健所が主催する看護師体験セミナーが23日、鶴岡市立荘内病院で開かれ、座学と実技講習で看護師の仕事に理解を深めた。27日には酒田市の日本海総合病院でも同セミ...

紀伊民報社

グリーンツーリズム拠点に 上富田で農家レストラン開業

 和歌山県上富田町市ノ瀬に今月、農家イタリアン「sorriso(ソリッソ)」がオープンした。オーナーシェフの田上太輝さん(34)が自ら育てた野菜や果実を使った料理を提供するだけでなく、栽培や収穫...

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク