全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

八重山ゲンキ乳業 新商品はミルクティー さんぴん茶X牛乳、16日販売開始

 ㈱八重山ゲンキ乳業(新賢次代表取締役)が16日、新商品「ゲンキさんぴん茶ミルクティー」を販売する。同社の紙パック飲料としては4品目で前作の「ゲンキカフェ」から数えると、約30年ぶりの新商品となる。

 新商品は、石垣島産のゲンキ酪農牛乳とさんぴん茶を掛け合わせた紅茶飲料で、ミルクの甘さとさんぴん茶の香りが楽しめる。

 構想から約1年半で実現した。開発では茶の香りと甘さのバランスに苦戦し、10回以上もレシピを試行錯誤。その結果、理想としていた「サラっとしてゴクゴク飲める」ミルクティーが完成した。

 パッケージデザインにもこだわった。ミルクティー市場の中心客が10~20代女性となるため、淡い色で華やかなデザインに。  新代表は12日午後、事務所で会見し、「試行錯誤してようやく完成した。皆さんに広く飲んでいただきたい」とPRした。

 サイズは946㍉㍑の「大」と473㍉㍑の「中」の2種。価格は税込みで大242円、中138円。市内スーパーやコンビニ、八重山圏域の小売店で順次販売される。

関連記事

秋の味覚 車中から 大正メークインまつり代替販売 帯広

 大正メークインのドライブスルー即売会「帯広大正メークイン収穫感謝市」(JA帯広大正主催)が22日、同JA農産センター(帯広市大正本町東1)で開かれた。多くの地元客らが、十勝を代表する秋の特産...

幸運呼ぶダブルレインボー♪ ティンダバナから大きく弧描く

 【与那国】与那国祖納で21日早朝、ティンダバナからくっきりと弧を描く虹が確認された。ティンダバナの部分は、幸運を呼び込むとされるダブルレインボーだった。  祖納地区の南西部にびょうぶのようにそ...

長野日報社

「視覚障がい者マーク」優しく見守って

プレス金型加工のキャムソン(諏訪市中洲)を経営する酒井克己さん(79)が、視覚障がい者であることを周囲に知らせるマークを開発し、バッジも製作した。自身も視覚障がい者である酒井さん。「マークが多...

荘内日報社

修学旅行先に 庄内・鶴岡アピール

 新型コロナウイルス感染症の影響で、東京などへ予定していた修学旅行を地方へ変更する動きが出ている。鶴岡市へも県内の内陸地方や東北各県から初めて修学旅行に訪れるケースが多く見られ、関係者は「多様な観...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク