全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

昨年の映画ベストテン発表

ランキングを発表していく若杉さん(左)=松葉町の蕎麦匠「まつや」で

 映画同好サークル「とよはしシネマトーク倶楽部」が毎年恒例の年間映画ベストテン発表会を豊橋市松葉町の蕎麦匠「まつや」で開き、参加した会員らが発表される作品の順位に一喜一憂した。  設立21周年を迎えるサークルで、豊橋市をはじめ、名古屋や浜松のほか、大阪在住の会員も駆けつけた。会員が昨年、映画館で鑑賞した映画の中から各自ベストテンを決め、その総合結果を集計。映画DVDなど借りるときなどに参考にして欲しいと、ベストテンを発表している。  2017(平成29)年の外国映画では、主演のケイシー・アフレックが主要映画賞を総なめするなど話題になったヒューマン・ドラマ「マンチェスター・バイ・ザ・シー」が、日本映画では是枝裕和監督と福山雅治の法廷心理劇「3度目の殺人」がそれぞれ1位に輝いた。「ラ・ラ・ランド」や「ダンケルク」などメジャーな作品も順当にランクインしたが、豊橋未公開の映画4作品も含まれているという。  年間約70本の洋画を見るという豊橋市内に住む50代の男性会員は、自分の選んだ映画から7作品がランクインして「質の高い映画が選ばれ、納得のいくランキングだ」と満足そうに話した。  サークル主宰の若杉彰さんは、今年のランキングについて「大型映画館などで、これまで上映される機会が少なかった単館系の作品の上演機会が増えている。そういったことが今年のランキングに顕著に表れている」と分析。  アジア系のマニアックな映画が好きという湖西市の50代主婦の会員は、自分の選んだ映画が少ししかランクインせず残念そうだったが、「同じ趣味を持ついろいろな人たちと映画の話で盛り上がれて楽しい集まりだ」と話した。サークルがきっかけでメジャーな映画も見るようになったという。  若杉さんは「豊橋近郊には大型映画館が多くあり、映画を見る環境は十分に整備されているのに、あまり知られていなく、もったいない」と話し、音響やスクリーンの迫力、一体感など映画館で見る映画の魅力を語った。

関連記事

長野日報社

赤く染まる横谷観音展望台 紅葉が見頃に

 茅野市蓼科中央高原の紅葉が見頃を迎えた。横谷渓谷を眼下に望め、市街地が遠望できる横谷観音展望台(標高1600メートル)はカエデ類が色鮮やかになっている。  同高原観光案内所によると、最近の...

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク