全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

明和大津波の犠牲者追悼 新型コロナ影響、列席を限定

「明和大津波遭難者慰霊祭」で津波の犠牲者に祈りをささげる列席者=24日午後、明和大津波遭難者慰霊之塔

1771年(明和8年)4月24日に先島諸島を襲った明和大津波の犠牲者を追悼する「明和大津波遭難者慰霊祭」(石垣市主催)が24日午後、市内宮良の明和大津波遭難者慰霊之塔で行われた。ことしは新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、列席を限定して開催。中山義隆市長や西大舛髙旬竹富町長、被害が大きかった地域の公民館長など約20人が、遭難者らの御霊に祈りをささげ、防災の誓いを新たにした。  午後3時、追悼の防災無線サイレンが市内に鳴り響き、参列者は1分間の黙とうをささげたのち、中山市長が塔に献花。式辞で「世界各地で自然災害は依然やまず、私たち人間の無力さを痛感せずにはいられない。このような時代だからこそ、過去の教訓からしっかり学び、一人一人が防災減災の意識を高く持ち、常日頃の備えを整えることが重要」と市民へ災害時の備えの再確認を呼び掛けた。  関係者らが一人一人花と祈りをささげ、慰霊祭は約15分で終了した。  明和大津波は1771年(明和8年)4月24日午前8時ごろ、石垣島南東沖で発生した地震によって起きたとされる。八重山地域は津波によって9313人が死亡および行方不明となり、その後も飢餓や伝染病が続くなど甚大な損害を被った。  塔の周辺には、八重山ライオンズクラブとボーイスカウト石垣第1団がこの日のために植えたテッポウユリやラベンダーが咲き、清らかな慰霊の空間を形作った。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク