全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

レジにアクリル板で新型コロナ対策

アクリル板が設置されたレジ(グッデイ宇部西店で)

 新型コロナウイルスの感染拡大で7都府県に初の緊急事態宣言が発令され、山口県でも周南地域で陽性確認が相次ぐなど緊迫感が高まっている。宇部市厚南妻崎開作のホームセンター、グッデイ宇部西店(吉田稔店長)では発令日の7日、飛沫(ひまつ)感染防止のため、客と従業員を隔てる透明のアクリル板をレジに設置。順番待ちの客同士が接近しないよう2㍍置きに足形の誘導シールも張り、感染防止に全力を挙げている。    本社(福岡市博多区)が宣言の対象地域になったこともあり、九州・山口の全65店舗で安全対策を強化。宇部西店でも「レジでは2㍍空けて並んで」との放送を繰り返し流している。「お客さまと従業員の安全に配慮し、ホームセンターとしてもスーパーやコンビニと同様、営業を続けて必要な商品を届けたい。一部入りづらい商品もあるが、冷静に行動してほしい」と吉田店長。    同店では1月下旬からマスクが品薄となり、今はほとんど入荷が無い状態。代わりに綿ガーゼ布巾とゴムで作る「手作りガーゼマスク」コーナーが人気を呼んでいる。手指消毒ジェル・液や除菌シートも品薄状態が続き、体温計は欠品中で入荷が不安定。使い切りのゴム手袋、ハンドソープ、せっけんもよく出ている。一時騒動となったトイレットペーパーやティッシュペーパーは落ち着いてきた。家にいる時間が長いため、カップ麺や菓子、飲料水、夏野菜の苗や花など園芸品の売り上げが伸びていると言う。    市内のあるドラッグストアでも3月に入って体温計が品切れになった。マスクの入荷日には100人ほどの行列ができるが、全員に行き渡るとは限らない。消毒用の塩素系漂白剤、使い捨てのゴム手袋、冷凍やレトルト食品、酒類を買い求める人も多い。 

関連記事

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク