全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

心込め正月飾り作り 岡谷下諏訪広域シルバー人材C

幸多い新年を願って正月飾りを作る会員ら

 岡谷下諏訪広域シルバー人材センターでは、新年に向けて、正月飾りの注文製作が本格化している。わら細工が得意な会員でつくる「しめ飾り事業部会」の5人が、同センターの事務所がある岡谷市の諏訪湖ハイツの一室で作業。すがすがしい新年が迎えられるように―と気持ちを込めている。

 わら束を手すきして整え、縄をない、飾りを付けて完成するまで、全てが手作り。玄関用のしめ飾り、床の間用の床飾り、神棚飾り、輪締めを作っている。しめ飾りは現代の住宅事情に合わせて大中小の3サイズ4種類を用意し、植木を雪から守る「わらぼっち」の注文も受け付けている。

 2003年から毎年行う恒例事業。今年は2軒の契約農家から500束のわらを調達し、16日から作業を開始した。メンバーは通常の仕事の合間を縫って取り組んでいる。宮坂龍二部会長(67)=岡谷市塚間町=は「自分たちが手作りした正月飾りで新しい年を迎えてほしい」と話している。

 年々高まる人気で注文に応じきれず、昨年から数量限定で販売。今年は消費税増税もあり一部商品を値上げした。価格(1本)は、しめ飾りの大が3500円、中が2200円と2000円、小が1500円、床飾り1700円、輪締め170円など。早めの注文を呼び掛けている。

 申し込み、問い合わせは同センター(電話0266・23・0760)へ。

関連記事

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

撮影風景や衣装を間近に 映画「馬橇の花嫁」帯広競馬場で展示

 幕別町出身の映像作家逢坂芳郎さん(43)が脚本・監督を務め、昭和30年代の十勝の農村を舞台とした短編映画「馬橇(そり)の花嫁」の公開に先立ち、特別パネル展が帯広競馬場で開かれている。場面写真...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク