全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

雲、気象衛星を学ぶ 琴芝小でJAXA特別授業【宇部】

ペットボトルでできた雲に驚く5年生(琴芝小で)

 琴芝小(安平秀行校長) で28日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の職員による特別授業があった。理科で「雲と天気の変化」を勉強している5年生50人が、雲のできる仕組み、気象衛星の働き、宇宙から観測する意義などを学習。人工衛星から得たデータを処理して見える化する「リモートセンシング塗り絵」にも挑戦した。  県教育委員会とJAXA宇宙教育センター(神奈川県相模原市)が連携して取り組む宇宙教育推進事業の一環。今年度は同校を皮切りに、県内の小・中学校6校で授業がある。  講師は宇宙教育センター主事補の古賀友輔さん。宇宙の定義やJAXAの仕事を説明し「地球は薄い大気に覆われている。直径30㌢の地球儀があったとしたら、表面からわずか2、3㍉の高さ。その外側は全部宇宙」と伝えた。国際宇宙ステーションで飛行士がラジオ体操をしている映像を見せて無重力の様子を伝え、小惑星探査機「はやぶさ2」や宇宙ステーション補給機「こうのとり8号機」も紹介した。  雲は湿った空気が上昇してできると教え、ペットボトルを使って雲をつくる実験も披露。子どもたちが事前にタブレットで撮影した雲を確認した後、気象衛星の画像を見せ「地表からは雲の一部しか見えないが、宇宙からだと全体が見える。宇宙から見ないと分からない〝地球〟がある」と強調した。「地球観測衛星は広範囲を定期的、長期的に観測でき、天気予報以外にも災害状況の把握など幅広く役立っている」とも話した。  リモートセンシング塗り絵は、升目に書かれた0~5の数字に沿って色を塗り分けるもの。昨年の台風24号の降雨量を示す画像が浮かび上がり、目もしっかり確認できた。田中蘭丸君は「地上から100㌔で宇宙になることや、ペットボトルで雲をつくれることにびっくりした。きょうの授業を思い出しながら、天気予報やニュースをじっくり見たい」と話していた。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク