全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「回収にめど」三反園・鹿児島県知事

砂浜で漂着油の回収作業を行う三反園知事(左手前)=15日、鹿児島県奄美市名瀬の朝仁海岸

 鹿児島県奄美群島の各地で漂着油が確認されている問題で、三反園訓県知事は15日、奄美大島入りし、奄美市名瀬の朝仁(あさに)海岸で油の回収現場を視察した。自身も回収作業を行った三反園知事は「地元自治体や住民の協力で、回収作業が順調に進んでいると思う」と語り、「回収作業についてはめどが立ってきた」と見解を述べた。

 漂着油への対応に関して県はこれまでに回収作業マニュアルを作成して、地元自治体などに配布。漂着が確認された地域では、住民ボランティアによる回収作業も行われている。回収環境を整えるため、奄美大島内では油の回収容器としてドラム缶130本が配置されている。

 三反園知事は、漂着確認後の経過などについて大島支庁の担当職員から説明を受けた後、他の職員らと共に油が付着した石や砂の下に埋もれた油の塊を回収。「他の島々でも漂着した油の回収作業が順調に進んでいるという報告を受けている」と述べた。

 生態系や漁業への影響懸念については「まずは環境省の調査結果を待ちたい。世界自然遺産登録への影響はないと聞いているが、漁業や環境への影響もないよう、われわれもしっかり調査し随時発表していきたい」と話した。

 三反園知事は今後の見通しについて、奄美市が18日に市民参加での清掃作業日を設定していることに触れ、「18日を過ぎれば、いつごろまでに回収できるかのめどが立ってくると思う」との見方を示し、「今後も国や市町村とも連携し、回収作業に全力で取り組みたい」と語った。

 漂着油の問題に関しては環境省が14日、奄美群島国立公園の海域公園区域である奄美市名瀬の大浜海岸や同市笠利町の用海岸、瀬戸内町の海浜部などで船上や海岸線からの目視調査を開始した。

 さらに、奄美市の大浜、用(よう)、朝仁、知名瀬(ちなせ)の4海岸と大和村の今里(いまざと)海岸を重点区域として環境モニタリングを行うなど、監視活動を強化している。同省の担当職員は目視調査について「現時点では具体的な期間は決めておらず、当面、続けることになるのではないか」と話した。

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク