全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

農村高齢者にハイヤー券 10月から移動支援試験 士幌

 士幌町は、農村部や中士幌地区の運転免許証を持たない75歳以上の高齢者を対象に、市街地までのハイヤー料金を一部助成する「高齢者等移動支援実証事業」を10月から開始する。対象者にハイヤーチケットを交付するもので、来年3月末まで高齢者の交通手段確保への実証試験として行う。

ハイヤーチケットの見本

 同事業は、市街地以外の農村部と中士幌地区に住む75歳以上で、(1)運転免許証を持っていない(2)介護保険施設などの入所者ではない(3)税金や公共料金を滞納していない-町民が対象となる。

 助成額は、対象者の自宅から士幌町役場までのハイヤー料金2往復分相当のチケットを交付する。自宅から役場までの距離は町が地図などで確認し交付する。

 ハイヤーチケットは、町内に拠点のあるハイヤー会社に配車を手配して、町内での移動のみ利用できる。対象者が同乗していれば、対象者以外も乗ることは可能。チケットは1枚が500円分で、支払い時の利用枚数に制限はないが、釣り銭は出ない。

 チケットの交付を受けるには申請する必要があり、現在33人が届け出ている。申請書は役場ホームページに掲載する他、町総務企画課に連絡すると、申請書を郵送してもらうことも可能。申請後、チケットは役場や福祉センターの窓口で受け取る。同事業を担当している同課は「玄関先までハイヤーが来てくれるので、利用しやすいのではないか」と話す。

 町内では、市街地でコミバスが、北回りと南回りの2系統が1日5便ずつ、計10便が運行されている。農村部や中士幌では運行されておらず、町民からコミバス運行を望む声も出ていた。来年度以降は、今回の利用状況などをみながら検討していく。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク