全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山陽オート舞台裏探るツアーにファン歓喜【山陽小野田】

バイクにまたがる参加者(山陽オートレース場で)

 産業観光バスツアー「山陽オートバックヤードを探る」は23日、山陽小野田市埴生の山陽オートレース場であり、全国から参加したオートファン22人がレースで使われる本物のバイクにまたがったり、走路内から迫力あるレースを観戦したりした。

 〝大人の社会見学〟と称し、宇部・美祢・山陽小野田産業観光推進協議会が催行する郷土の産業の歴史と未来を見詰めるツアー。今年度は23コースが企画されているが毎年、人気を集めているのが普段は立ち入ることができないところまで足を踏み入れるオートレース場の見学会。3連休最終日の祭日開催とあって募集後、すぐに定員いっぱいになった。県内はもちろん千葉、茨城、京都、広島などからの参加もあった。

 西村龍太郎選手ら現役選手が案内。左ハンドルが高い位置にあるバイクを前に西村選手は「レースでは左にしか回らないが、遠心力で右に飛び出ないように左側に車体を傾ける。その時にハンドルが走路と平行になってコントロールしやすくするため」と説明した。

 直線では時速が150㌔にも達することや、抜きつ抜かれつの際に追突事故がないようにブレーキが付いてないの説明に参加者は驚いていた。実際にバイクにまたがり選手気分を味わっていた。

 このほか選手が自分のバイクを手入れするロッカーを見学したり、昼食時には選手たちが普段、取っている栄養バランスに配慮されたメニューを食べたりした。

 一番盛り上がったのは走路内での観戦。バンク内側の芝生に腰を下ろした参加者は、すぐそばを爆音を響かせながら疾走するバイクの迫力に圧倒されていた。

関連記事

長野日報社

色づく白樺湖一帯の木々 紅葉始まる

 茅野市郊外の白樺湖一帯で紅葉が始まった。市街地から延びる大門街道沿いの木々も、標高が上がるにつれてオレンジ、黄、赤が増え、観光客やドライバーの目を楽しませている。  白樺湖観光センター(両...

陛下ご即位記念植樹

 豊橋建国記念の日奉祝運営委員会(天野明彦・代表運営委員)は22日、天皇陛下の即位礼正殿の儀に合わせ、豊橋公園で記念植樹を行った。  1965年設立の同会は、これまでも5年ごとに陛下在位を記念...

荘内日報社

ビーガン料理世界大会 渡部さん(酒田市出身)準優勝

 ビーガン料理の世界大会「The Vegetarian Chance2019」が13日にイタリアで開催された。 世界各国から約200人の応募があり、1次選考で残った8人による決戦が行われ、酒田市出身の渡部駿さ...

紀伊民報社

淡く光る毒キノコ 「ツキヨタケ」

 シイタケに似た毒キノコ「ツキヨタケ」が、和歌山県田辺市龍神村の護摩壇山で淡い光を放っている。森林公園総合案内所によると、例年より発生が遅いという。  ツキヨタケは8~10月に生えやすい。大き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク