全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

石匠の仕事に歓声 高遠で実演会

重さ800キロもある御影石を「セリ矢」で割ってみせる唐木さん(左)

 高遠石工を生んだ長野県伊那市高遠町で10日、石匠の仕事のすごさを知る実演会があった。同市高遠町公民館が現職石匠を講師に招いて「最も美しい村・ジオパーク講座」を開催。見学した約40人の受講者は、重さ約800キロの御影石を小さな道具を使って割る技術に歓声を上げた。

 講師は高遠石工の流れをくむ北原石材店(同市高遠町東高遠)の店主北原多喜夫さんと、唐木屋石材工芸(同市西春近)の会長唐木一平さんで、上伊那石匠組合が協力した。

 唐木さんは今も使われている「セリ矢」と呼ばれる道具を使った石割りを実演した。ドリルで開けた四つの予備穴のそれぞれに「セリ矢」を入れ、石頭=金づち=でたたいていくと、ピシッという音とともに裂け目ができ、予備穴に沿って石が割れた。

 北原さんは「豆矢」と呼ばれる道具を使って御影石を割ってみせた。豆矢を入れるための穴をノミを使って開けていく作業から実演。「この石の割り方をしていたのは昭和の頃で、私も30数年ぶり」と話す北原さんだったが、当時の道具で熟練の技を披露した。

 コツ、コツと石頭を振るう様子を見ていた受講者からは「いつの間にかあんなにくぼみができてる。だけど、割るまでには気の遠くなる話だね」という声も。北原さんがその小さな穴に豆矢を打ち込み、予定していた場所で割ってみせると、「おー」という声とともに拍手が湧いていた。

関連記事

古見小PTA 児童らサトウキビ収穫 収益は学習や派遣費に

 【西表】古見小学校(赤嶺智郎校長)のPTA(上原崇史会長)は、資金造成のため石原和義さんのサトウキビ畑の収穫を請け負い、このほど児童、教職員、保護者に加え地域の人々も応援してキビ刈り作業を行...

長野日報社

御神渡り出現せず明けの海 八剱神社で注進奉告祭

諏訪湖面に張った氷がせり上がる御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)で22日、今季の結果を神前に告げる注進奉告祭があった。総代や古役ら約40人が参加。令和最初の今冬...

紀伊民報社

梅の新品種「星秀(せいしゅう)」

 和歌山県果樹試験場うめ研究所(みなべ町東本庄)は、梅の新品種「星秀(せいしゅう)」を開発した。品質が良い主力品種「南高」の特徴を受け継ぎながら、主要な病気の一つ「黒星病」に強く、自家受粉できる...

荘内日報社

ロシア・サンクトペテルブルク市から「第583番学校生」来酒

 ロシア第2の都市、サンクトペテルブルク市の公立小中高一環教育校「第583番学校」の教諭と生徒計5人が、29日(土)まで10泊11日の日程で酒田市を訪問している。3日目の21日午後、同校と文化・教育に関する包括...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク