全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

商品開発・管理学会 初の「観光」テーマに講演や発表

 商品を通じて現代社会の問題の解決を探る商品開発・管理学会(会長・高橋幸司鶴岡高専校長)の第32回全国大会が30日、鶴岡市先端研究産業支援センターで開かれた。「中間都市における観光振興」をテーマに、元山形県副知事の後藤靖子JR九州特別参与らの基調講演、庄内地域からの事例発表、研究者らによる研究報告が行われた。

 同学会は2001年設立。高等教育機関の研究者や民間企業の商品開発担当者らで組織している。鶴岡での全国大会開催とともに、テーマに「観光」を掲げるのも初めて。大会実行委員長も担った高橋会長は「商品開発・管理学会が対象とする分野は産業全般に関わり、観光もその一つ。日本唯一のユネスコ食文化創造都市で観光資源が豊富な鶴岡での全国大会開催でもあり、テーマ設定された」と話した。大会には、全国各地から約40人が参加した。

 基調講演の講師の後藤さんは元運輸省のキャリア官僚。交通、観光部門を担当するなどし、国土交通省北陸信越運輸局長、同省大臣官房審議官、国土交通政策研究所長、JR九州常務なども歴任した。

 後藤さんは、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星」に乗車した海外メディアの記事を分析し、「東京や京都などとは違う、外国人にあまり知られていない地域や日本の良さを発信している」と指摘。「四季がはっきりしている東北には、折々の季節を楽しむ文化と日本らしい景観がある。こうした強み、特徴を伝え、それに価値を見いだす人々を掘り起こすことが大事。観光は地域の総合力。多様な人々が知恵を出し合うことで発展し、活性化につながる」と述べた。

 天童市の山口敦史滝の湯ホテル社長も基調講演したほか、中原浩子酒田南高校長が「全国初の私立高校における観光コース」、西村修酒田まちづくり開発社長が「酒田屋台村事業を通したまちづくりと観光振興」のテーマで事例紹介した。

地方ならではの観光振興について基調講演した後藤JR九州特別参与

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク