全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

3、4日だるま祭り 岡谷市の東銀座商栄会

だるまを準備する東銀座商栄会関係者

 岡谷市の東銀座商栄会(今野宗茂会長)は3、4日に開く第66回だるま祭りに向けて1月31日、販売するだるまの準備作業を小井川だるま堂隣接の平成会館で行った。大小13種類、約1200個のだるまに値札を付け、本番に備えた。

 祭りは、だるま堂地元の小井川区と同商栄会が地域に春と福を呼ぼうと開いており、諏訪地方はもとより上伊那や松本地区からも毎年多くの人が訪れる恒例行事。準備作業は商栄会の加盟店から約20人が参加して、手際よく作業を進めた。大きさは2寸5分(高さ約7センチ)から2尺5寸(同約75センチ)まであり、一般的な赤のほかに金と白のだるまも販売する。価格は400円~1万5000円。

 だるま祭りでは3日は午前10時30分から大だるまと祈願だるまの開眼式を行い、法要後、白い祈願だるまに来場者が自由に願い事を書き入れる。4日は午前11時から甘酒の振る舞い、同11時30分から「岡谷だるま小唄」の踊り、正午から宝投げをした後、午後1時から浄焼式。古だるまやお札などの浄焼を希望する人は4日午前中までに持ち込む。

 浄焼代は従来300円だったが、今年から100円。昨年まで持ち込んだ人に渡していたお札は在庫限り。「身代わりだるま」は無くした。また、「人形の持ち込みは固くお断りします」としている。だるまの準備を整えた今野会長は、「寒い時期だが甘酒もあるし、買い物もできる。ぜひ会場に足を運んで」と呼び掛けている。

 だるまの準備と平行して、同区の民生児童委員会は、祭りで展示される小井川小学校児童が詠んだ俳句約330点の展示準備を行った。

関連記事

リトアニア代表が豊小と交流

豊橋市総合体育館で児童らとゴールボール試合  2020年東京五輪・パラリンピックへ向けたトレーニングキャンプをホストタウンの豊橋市で行っている欧州リトアニアのゴールボール代表は24日、同市総合体育...

荘内日報社

公益大 モンゴルに派遣の3人が帰国報告会

 今年3月、モンゴルの首都・ウランバートルにある国際協力機構(JICA)機関の一つ「モンゴル日本人材開発センター」でインターンシップを行った、東北公益文科大学(酒田市)の学生3人による報告会が22日夕...

紀伊民報社

令和改元で特設窓口 印南町

 和歌山県印南町は、令和への改元に伴い婚姻届と出生届が増えることが予想される祝日の5月1日、住民福祉課の受付窓口を特設する。通常の休日は宿直が対応しているが、この日は職員を増員し、記念撮影用のブ...

3号機打ち上げ準備完了 IST「MOMO」 大樹

 大樹町内のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(IST、稲川貴大社長)は23日、町浜大樹の実験場で観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げを想定した最終リハーサルを行った。燃料...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク