全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

千歳科技大、4月公立化 道内初、公設民営から転換-国、道が正式認可

新年度から公立化が正式に決まった千歳科技大

 千歳科学技術大の公立化が31日、国と道に正式に認められた。同日付で文部科学省は大学から受けていた「設置者変更」「学校法人解散」の申請を、道は千歳市から受けていた「公立大学法人設立」の申請をそれぞれ認可した。公設民営の私立大の公立化は道内初となる。

 4月からの公立化に向けて同大は昨年10月24日、私立学校法などに基づき、文科省への大学設置者変更と学校法人解散の申請を名称変更の届け出と同時に行っている。申請に伴い定款のほか、解散、残余財産処分の手続きを経たことを証明する書類なども添付した。併せて市は、学校教育法に基づいて昨年11月13日、出資財産目録などと公立大学法人設立の申請書を道に提出していた。

 同省は大学からの申請を法令に基づいて設置している審議会などで、道は市からの申請を総合政策部と石狩振興局でそれぞれ審査してきた。

 同大は1998年に開学。2007年度以降は赤字が続いており、定員割れも慢性化していた。改革の一手として16年12月に市に対して公立化を要望している。

 市は17年10月に同大を公立化する方針を表明し、昨年には組織や業務についての定款や公立化後6年間の人材育成と地域貢献の指針となる中期目標をまとめ、市議会の議決を受けた。

 公立化後、同大は情報技術にたけた技術者の育成を目標に掲げるほか、地域貢献策「スマートネイチャーシティーちとせ構想」を打ち出し、まちづくりの支援を自然科学を通じて展開していく方針。また、19年度に行われる推薦入試に千歳枠を設け、千歳市在住者の入学金を通常の半額にする優遇措置を採用。教員を24年度まで段階的に増員し、校舎も増築して22年度に供用開始する。現在は中期目標達成に向けた計画をまとめている段階で、今後、市に提出する。

関連記事

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク