全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

合唱団そうなそが全国大会へ

全国大会の出場を笑顔で報告する佐々木団長(左から3人目)とメンバー(市役所で)

 山口市を拠点に活動する合唱団そうなそ(佐々木優実団長)は、24日に福島市で開かれる「第11回声楽アンサンブルコンテスト全国大会」の一般部門に、県代表として初めて出場する。15日に団員3人が市役所を訪れ、活躍を誓った。

 佐々木団長(24)=泉都町=が「そうなその存在を多くの人に知ってもらえるよう頑張りたい」とあいさつ。渡辺純忠市長は「音楽は人の心を結び付けてくれる。全国に向け、素晴らしい歌声を響かせて」とエールを送り、激励金を手渡した。そうなそは、山口高、山口中央高、防府高の合唱団OB・OG、山口大の学生らで2015年4月に結成された。特徴的な団体名は「そうなの」を意味する県の方言から取ったという。モットーは「山口県の音楽史に新しい風を」。現在は社会人も交えた16~30歳の約40人が、平川地域交流センターなどで毎週1回の練習に励んでいる。

 今年1月に県教育会館で開かれた第4回県声楽アンサンブルコンテストの一般部門で金賞を受賞。一般、小学校の両部門16団体の中から、全国大会への推薦を受けた。大会当日は、団員16人が出場する。

関連記事

サンタと馬車 帯広ラン

 サンタクロース姿で街中を練り歩き、病院や児童養護施設でクリスマスを過ごす子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るイベント「北海道サンタランinとかち2019」(実行委員会主催)が14日、帯広市中...

第8回西表島人文化祭 島の魅力を再発見 展示や体験など満喫

 【西表】「文化力は島の力」をサブテーマとした「第8回西表島人(しまぴとぅ)文化祭」(西表島エコツーリズム協会主催)が14日、西表西部の中野わいわいホールで開かれ、販売、展示、体験型など30以上の...

長野日報社

相手の気持ちで「ものづくり」 諏訪市内小中学生がチャレンジショップ

諏訪市教育委員会は14日、市立11小中学校の児童生徒が同市の独自科目「相手意識に立つものづくり科」で作った品物を販売する「チャレンジショップ2019」を初めて市駅前交流テラスすわっチャオを会場に...

豊川市若者ボランティア振り返りの会

 豊川市は14日、若者にボランティアや市民活動への参加を促進するための体験講座「とよかわボラなび2019」の振り返りの会をプリオ(諏訪3)で開いた。  今年は16歳から25歳までの高校生や大学生、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク