全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

応急手当の処置法学ぶ「救急の日」

応急手当て講習会でオコゼの毒の解毒応急処置を教えるポタリングおきなわの川満陽一代表=14日午後、ポタリングおきなわ事務所

 救急の日の9日午後、ポタリングおきなわ(川満陽一代表)は同所で第2回夏の応急手当て講習会を開き、参加した市民らは水難事故や海洋危険生物被害の未然防止策、自動体外式除細動器(AED)の使用を含む応急処置方法など、実技を交えて学び自助スキルを高めた。

 川満代表は、それぞれの海洋危険生物の毒に対する応急処置方法や、必要な携帯アイテムなどを伝授。また、水難事故の際に救命率を上げるポイントとして、通報時に迅速的確に地点情報を伝えられるよう、事前にランドマークや地番などを把握する必要性などを強調した。

 参加した生長徹也さん(30)=真栄里=は「シュノーケリングなどで海によく行くが、講習で初めて知った知識がたくさんあり、海を甘く見ていたなと痛感。友人らにも広めていきたい」と話した。

 川満代表は「市民が近くに設置されているAEDの所在を正確に把握したり、救急隊員が到着するまでに応急処置を実践したりすることで助かる命は増える。今後も市民へ必要な知識を広めていきたい」と話した。

関連記事

「アニアニまある」に新しい仲間を

豊川市ふるさと納税のクラウドファンディングでポニー購入へ  豊川市がふるさと納税制度を使ったクラウドファンディングで資金を募り、赤塚山公園(市田町)のふれあい動物広場「アニアニまある」に新...

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク