全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新千歳、国際線が再開 国内線の9割運航回復

運航が始まった国際線では出発ロビーに旅客がごった返した=8日午前8時20分ごろ

 胆振東部地震の影響を受けていた新千歳空港は8日午前、国際線の運航を開始した。国土交通省新千歳空港事務所によると出発と到着の合計で91便を運航する予定で、出発ロビーは多くの旅客でごった返した。国内線は約9割の便が運航予定で、航空機の運航状況は回復に向かう見通しだ。

 国際線ターミナルビルは飲食店や物販店など一部を除き、午前6時に開放。バンコクから乗客・乗員120人を乗せて飛び立ったタイエアアジア便Xが9時15分ごろに到着し、運航が再開した。3階の出発ロビーは旅客が長蛇の列を作り、搭乗手続きを待っていた。

 国内線は「9割方運航は元に戻っている」(同事務所)。航空各社によるとANAは出発と到着の合計で140便、JALは92便を運航する予定だ。

 同事務所によると同日の欠航便は、午前9時現在で出発と到着の合計で36便。このうち国内線は35便、国際線は1便。

 空港ビルでは7日から8日にかけて約1200人が空港に滞留した。管理会社の新千歳空港ターミナルビルディングは、午後8時から毛布を配布するなどして対応。空港ビルは地震当日の6日は水漏れなどで終日閉鎖され、7日は国内線の運航再開により出発・到着ロビーが供用され、旅客で混雑していた。

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク