全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新千歳、国際線が再開 国内線の9割運航回復

運航が始まった国際線では出発ロビーに旅客がごった返した=8日午前8時20分ごろ

 胆振東部地震の影響を受けていた新千歳空港は8日午前、国際線の運航を開始した。国土交通省新千歳空港事務所によると出発と到着の合計で91便を運航する予定で、出発ロビーは多くの旅客でごった返した。国内線は約9割の便が運航予定で、航空機の運航状況は回復に向かう見通しだ。

 国際線ターミナルビルは飲食店や物販店など一部を除き、午前6時に開放。バンコクから乗客・乗員120人を乗せて飛び立ったタイエアアジア便Xが9時15分ごろに到着し、運航が再開した。3階の出発ロビーは旅客が長蛇の列を作り、搭乗手続きを待っていた。

 国内線は「9割方運航は元に戻っている」(同事務所)。航空各社によるとANAは出発と到着の合計で140便、JALは92便を運航する予定だ。

 同事務所によると同日の欠航便は、午前9時現在で出発と到着の合計で36便。このうち国内線は35便、国際線は1便。

 空港ビルでは7日から8日にかけて約1200人が空港に滞留した。管理会社の新千歳空港ターミナルビルディングは、午後8時から毛布を配布するなどして対応。空港ビルは地震当日の6日は水漏れなどで終日閉鎖され、7日は国内線の運航再開により出発・到着ロビーが供用され、旅客で混雑していた。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク