全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

コクヨ東京2連覇 いす―1GP北海道千歳大会

商店街のコースで出場チームがデッドヒートを繰り広げた大会

 車輪が付いた事務用椅子に座って後ろ向きに進む耐久レース「いす―1GP北海道千歳大会2018」(同実行委員会、ニューサンロード商店街振興組合主催)が4日、幸町2のニューサンロード特設会場で開かれた。4回目の今年は過去最多の34チーム102人が出場。22・5キロ(125周)を走り抜いたチームコクヨ東京が2連覇を果たした。

 同大会は中心商店街ににぎわいを―と2015年に始まった。1チーム3人の選手が交代しながら1周180メートルの周回コースを2時間回り続け、走行距離を競う。今回は千歳や恵庭、札幌をはじめ、京都や茨城県大洗町、東京からの参加者もいた。

 午後1時30分すぎ、時計回りで一斉スタート。ヘルメットをかぶり、肘と膝パッドを装着した34チームの選手たちは着座して地面を蹴りながら後ろ向きに進んだ。7周ほどして椅子の車輪が破損するアクシデントで早々にリタイアするチームも出た。

 ピットインで交代した選手は車輪に潤滑材を差すなど整備にも励みつつ、首筋や脚に氷を当てたり、コールドスプレーを噴き掛けたりしてクールダウンしていた。

 転倒者も出るほどレースは白熱し、32チームが完走した。

 千歳勢最高は3位入賞の自衛官チーム「area 0123」。2015年と16年の両大会の覇者だが、昨年と同位。キャプテンの木村平さん(24)は来年3月に京都府の京田辺市で開かれる「いす―1GP世界大会」での雪辱を誓った。

 初参加の「ライスごっつぁんです。」は北大躰道部の現役・OGでつくる今大会唯一の女性チーム。大学構内のポプラ並木(1・2キロ)で練習したといい、キャプテンの大学院2年斉藤はるかさん(23)は「しんどいけど、どんどんテンションが上がって楽しかった。やり切れました」と15位の成績に満足げ。新人賞を獲得した。

関連記事

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント  子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参...

荘内日報社

大雨 Uターンの足直撃

 庄内地方は16日、前日夜から降り続いた大雨の影響で、JR羽越本線は一部区間の運転を見合わせ、日本海沿岸東北自動車道あつみ温泉インターチェンジ(IC)―鶴岡西IC間が全面通行止め、国道7号堅苔沢地内が...

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。  同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の...

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク