全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

保育園に生きたイカのプレゼント

 山口県漁業協同組合須佐支店の須佐一本釣船団(一木清久団長)は29日、山口市大内問田4丁目の大内光輪保育園(山本聴園長、104人)に、須佐産ケンサキイカ10キロを贈った。子どもたちは生きたイカに触り、実際に食べてみて命の大切さを学んだ。贈呈式では、同船団員と共に来園した萩市の藤道健二市長が「ケンサキイカは甘くておいしい。これを機に、ぜひ須佐へ遊びに来て」とあいさつ。同支店運営委員長の久原隆義さん(70)が、代表の園児にイカを手渡した。

 ミニプールにイカを放し、触ったり観察したりした。子どもたちはイカに興味津々で、「かわいい」と歓声を上げながら楽しんでいた。同支店では、須佐産のケンサキイカを「須佐 男命(みこと)いか」と名付けてブランド化し、PRに努めている。福祉施設などへのプレゼントは2009年から県内各地で行っており、山口市は2回目。今年は同園の他、黒川の山口あかり園でも実施した。7~9月の土・日曜日には、萩市の須佐漁港で生きた「須佐 男命いか」の直売市を開催する(7月28、29日、8月18、19日は休み)。7月27日には、同会場でいか祭りもある。

イカを持って笑顔を見せる園児(大内光輪保育園で)

関連記事

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

限定の特大シジミ 大樹・生花苗沼で一日だけの漁

 大樹町内の生花苗沼(オイカマナイトー)で17日、1年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は、殻長が5センチ以上になる特大サイズのシジミを、泥の中から懸命に手で掘り出していた。  大樹...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク