全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

保育園に生きたイカのプレゼント

 山口県漁業協同組合須佐支店の須佐一本釣船団(一木清久団長)は29日、山口市大内問田4丁目の大内光輪保育園(山本聴園長、104人)に、須佐産ケンサキイカ10キロを贈った。子どもたちは生きたイカに触り、実際に食べてみて命の大切さを学んだ。贈呈式では、同船団員と共に来園した萩市の藤道健二市長が「ケンサキイカは甘くておいしい。これを機に、ぜひ須佐へ遊びに来て」とあいさつ。同支店運営委員長の久原隆義さん(70)が、代表の園児にイカを手渡した。

 ミニプールにイカを放し、触ったり観察したりした。子どもたちはイカに興味津々で、「かわいい」と歓声を上げながら楽しんでいた。同支店では、須佐産のケンサキイカを「須佐 男命(みこと)いか」と名付けてブランド化し、PRに努めている。福祉施設などへのプレゼントは2009年から県内各地で行っており、山口市は2回目。今年は同園の他、黒川の山口あかり園でも実施した。7~9月の土・日曜日には、萩市の須佐漁港で生きた「須佐 男命いか」の直売市を開催する(7月28、29日、8月18、19日は休み)。7月27日には、同会場でいか祭りもある。

イカを持って笑顔を見せる園児(大内光輪保育園で)

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

荘内日報社

小堅保育園児 地域と一緒に育てた在来野菜 「波渡なす」ミュージカルに

 ぼくたちのおなかでそだてたなすが ぼくといっしょにおおきくなった♪―。鶴岡市の小堅保育園(土岐育子園長、園児17人)の園児たちが、地域の人たちと交流しながら育てた在来作物「波渡(はと)なす」を取り上...

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク