全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

水道週間始まる、一日局長やアユの放流

稚魚を川に放す園児ら(1日午前11時ごろ、大田川で)

 第60回水道週間が1日、始まった。山口県宇部市上下水道局(和田誠一郎局長)では、宇部観光ふれあい大使の高本彩さんを一日局長に委嘱。小野の大田川宇内橋付近では、小野保育園の園児たちが、アユの稚魚1000匹を放流した。午前8時半に、同局の局長室で和田局長から委嘱状を受け取った高本さん。中庭に集まった60人の職員を前に、「私たちが日常生活で何不自由なく水道を使えるのは、皆さんの努力のおかげ。これからも市民が安心して飲める、きれいでおいしい水を送ってほしい」と呼び掛けた。アユの放流は、午前10時45分からスタートし、高本さん、園児、水道モニター、地元住民ら60人が参加。「大きくなってね」と、バケツに入った稚魚を優しく放してやった。

 同週間は、厚生労働省、都道府県をはじめ、各市町村の水道事業体が実施するさまざまな広報活動を通じて、国民の水道の現状や課題についての理解、今後の取り組みへの協力を得ることを目的に毎年開催。今週間は「水道水 安全 おいしい 金メダル」をスローガンに、7日まで全国で関連イベントが展開される。市内では週間中の毎日、広瀬浄水場、桃山3号配水池展望塔を一般公開する。見学時間は午前9時から午後4時までの間。前日までの予約が必要。

関連記事

宇部日報社

感謝弁当で恩師を接待

 山口県山陽小野田市の厚狭高(徳田充校長)総合家庭科3年生は17日、松花堂弁当を作り教職員38人に振る舞った。卒業を間近に控えた生徒による恒例行事で、授業で学んだ知識と技術で地元の食材と向き合い...

トムラウシ山野営指定地にトイレ増設 新得

 大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の環境改善に取り組む「環境対策部会」(部会長・小西則幸新得山岳会長)の会合が15日、新得町役場庁舎で開かれた。来年度は野営指定地での携帯トイレブースを増設...

長野日報社

平穏祈り恵方に矢 長野県諏訪地方各地で「山の神祭」

 諏訪地方の各地で17日、山の安全や地域の無事平穏を祈る「山の神祭」があった。下諏訪町第三区は町内の国道142号沿いにある山の神社で行い、区役員や町内会長をはじめ区民約70人が参加。手作りの弓矢を...

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク