全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

台湾でホームステイ 与那国の小6 17人 4年ぶり花蓮児童と交流

タバロン小児童(左端)の説明を聞きながら、校内を見学する与那国小の児童たち=17日午後、花蓮県光復郷

 【台湾花蓮県光復郷】与那国町内の小学6年生17人が17日午後、当地のタバロン小学校に到着した。19日まで同校児童宅でホームステイしながら台湾の学校生活を体験し、伝統的な歌や踊りによる交流などを行う。花蓮市との姉妹都市交流をきっかけに同じ花蓮県も児童と交流する活動で、町地域国際交流事業によるもの。新型コロナの感染拡大によって中断し、4年ぶりの実施となった。

 一行は与那国小8人、久部良小9人。タバロン小5、6年の児童宅7カ所に分かれてホームステイする。

 歓迎式ではタバロン小児童が歓迎のオリジナルダンスを披露。劉從義(リウ・ゾンイ)校長は「コロナのため、オンラインのみの交流だった。やっと対面でき、うれしい」と喜びを語った。与那国小の入松川浩校長は「タバロンと与那国の間に有意義で、友情が芽生える交流になるように願う」とあいさつした。

 夏のU12野球ワールド杯で準優勝の台湾チームにタバロン小児童が参加していたことにちなみ、タバロン側から、U12台湾チームのユニホームがプレゼントされた。地域の特産の赤もち米も贈られた。

 タバロン小児童の案内による校内見学では、学校名の由来となっている「白いカニ」の造形物などについて説明を受けた。

 タバロン小は児童数80人。台湾の先住民族(原住民族)のひとつ、アミ族の児童が主に通学する。所在する花蓮県光復郷は、花蓮市から南へ40㌔余りのところにあり、車で1時間ほどかかる。花東縦谷と呼ばれる台湾島東部の南北に細長い谷に位置する農業地帯。

 与那国の一行は15日に与那国を出発し、16日に那覇から台湾桃園空港を経て、花蓮入りした。
(松田良孝台湾通信員)

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク