全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

ウイルスの防ぎ方学ぶ 釧路総合振興局が防疫演習【釧路市】

 釧路総合振興局は30日、鳥インフルエンザなど海外悪性伝染病発生に対応するための防疫演習を釧路市コミュニティ体育館(鳥取ドーム)で行った。

 昨年度、高病原性鳥インフルエンザは、道内5事例を含む全国で84事例発生。約1771万羽を殺処分する過去最大の被害となり、釧路管内でも鶏卵の品薄や価格の高騰が続いている。

 この日は同振興局、釧路市、各自治体、関係機関などから約50人が参加。釧路家畜保健衛生所の藤原正敏主査が2022年度の高病原性鳥インフルエンザの発生状況や口蹄疫について説明したほか、ウイルスをシャットアウトする防疫衣の着用法などを紹介した。

  伝染病を想定した車両消毒演習では、参加者らが交通指導係や消毒係に分かれ、移動制限区域内に進入した車両に感染拡大防止対策を説明し、噴霧器を使って消毒を行った。

 同振興局の三條肇産業振興部長は「酪農畜産を基幹産業とする釧路管内で伝染病が発生すれば、生産農場はもとより地域経済に大きな影響を与える。関係者一体で侵入防止対策を徹底する必要がある」と述べた。

関連記事

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

紀伊民報社

心安らぐピンク色の花 大賀ハス咲き始める

 和歌山県上富田町岡の田中神社近くにあるハス田で、大賀ハスの花が咲き始めた。世話をするグループによると、7月中旬ごろまで見ることができるのではないかという。  大賀ハスは、1951年に植物学者の...

十勝の精肉店がワンツー独占 味付ジンギスカングランプリで最高賞

 味付け羊肉の需要拡大を目的としたコンテスト「味付ジンギスカングランプリ2024」で、最高賞のグランプリに上田精肉店(新得)の「ラム肩ロースジンギスカン」、準グランプリにミートショップ小久保(芽室...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク