全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

山形在来作物研究会が文化庁認定 食文化「知の活用」振興優良事例

“在来品種は生きた文化財”伝承 保存の必要性や地域振興への取り組み評価

 在来作物の存在を広めた山形在来作物研究会(会長・江頭宏昌(ひろあき)山形大学農学部教授)が、文化庁の「食文化『知の活用』振興優良事例」の認定を受けた。長年、藤沢カブといった在来作物にスポットライトを当て保存の必要性や地域振興に取り組んできたことが高く評価された。研究会は今月末で20年の活動に終止符を打つ。会長としてけん引してきた江頭教授(58)は「栽培農家の高齢化と後継者問題など課題は山積しているが『在来作物を多くの人に知ってもらおう』という一つの目的は達成したと思う。(認定を受けて)素直にうれしい。お世話になった生産者や会報冊子の作成に携わった多くの人たちに感謝したい」と語った。

鶴岡の暮らしに根付き海外へも波及

 研究会は2003年に発足した。「在来品種は生きた文化財。後世に守り伝えなければならない」―。山形大学農学部に園芸学教員として在籍(1950―76年)した在来品種の先駆者・青葉高氏の言葉に触発された江頭教授が「在来作物の大切さを今一度見つめ直したい。研究者だけでなく地域に開かれたグループを」と3年の準備期間を経て立ち上げた。

 活動の柱は会報「SEED」の発行とフォーラムの開催。年に1回発行したSEEDは創刊号から20号を数えた。第1回フォーラムには県内のほか、北海道や九州の全国から合わせて約200人が集まり、関心の高さを示した。

 2014年に鶴岡市が国内初のユネスコ食文化創造都市に認定されたが、その理由の一つに「多品種の在来作物の食文化が鶴岡の暮らしに根付いている」ことが大きなポイントとなった。飲食店の店主も在来野菜に注目し多彩なメニューを提供するようになったほか、在来品種を取り上げたドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」が国内とイタリア、アメリカ、中国で上映された。

 こうした社会への波及効果が評価され、文化庁の認定につながった。今回、認定されたのは山形在来作物研究会を含めて全国で25件。今月18日に東京で認定の表彰式が行われた。

 江頭教授は「20年の活動を通して在来種の大切さの道筋はつけたかな、と思う。在来作物に限らず農業全般において温暖化による気候変動が脅威となっている。中でも温海カブは焼き畑を終えた後、大雨の被害を受けてカブが大きく育たない傾向が見られる。どう対応し、守り育てていくかが今後の大きな課題」と話した。

研究会の会報「SEED」の創刊号と昨年の発行で最終号となった20号を持つ会長の江頭教授

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク