全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

洋上救急に医師ら備え 釧路海保、巡視船で訓練

巡視船に着船したヘリコプターで救命処置の訓練を行う医師ら

 釧路海上保安部(三柳裕二部長)は17日、日本水難救済会が主体の洋上救急事業に協力する医療機関の医師や看護師らを対象に、洋上救急の慣熟訓練を同海保の巡視船「そうや」などで3年ぶりに行った。

 洋上救急事業は、洋上の船舶で医師による緊急治療が必要な傷病者が発生した場合、海上保安庁の巡視船やヘリコプターなどで医師が処置を行いながら病院へいち早く搬送するシステム。同救済会の洋上救急センター(本部東京)が全国10カ所に地方支部を設置し、運営体制を構築している。訓練は毎年実施していたが、新型コロナウイルスの影響で2021、22年は中止となった。

 今回は釧路海保、釧路航空基地、函館航空基地から約50人、市立釧路総合病院と釧路労災病院、釧路赤十字病院、釧路孝仁会記念病院から8人が参加。釧路港から約14㌔沖合の海域で、そうやに着船した釧路航空基地のヘリコプター機内での処置訓練や搭乗訓練などを行ったほか、海上保安官が救助資器材や巡視船内の設備などについて説明した。

 市立釧路総合病院の医師松野秀太朗さん(29)は「ドクターヘリより限られた設備や装備での活動は難しく、どう工夫すればいいか考えながら見学した。洋上以外の場面でも生かしたい」。同海保の小山玄太警備救難課長は「洋上救急は情報入手から救助まで平均で4~5時間かかる。釧路沖は漁船や貨物船の航路になっているので、迅速に対応できれば」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク