全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

日沿道鼠ケ関ICそば 年間客数70万人見込む

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の延伸を見据え、鶴岡市が鼠ケ関インターチェンジ(IC、仮称)の隣接地に移転整備する「道の駅あつみ」について、同市は25日、2027年4月にオープンするなどとした実施方針案を公表した。民間のノウハウを活用し、民間が施設の設計、建設、維持管理・運営を担うDBO(デザイン・ビルド・オペレート)方式の事業方式を採用する。

 温海地域の海岸線の早田地区の国道7号沿いにある「道の駅あつみ・しゃりん」を、約4キロ南の鼠ケ関ICそばに移転整備する。整備エリアは、鼠ケ関小学校近くの日沿道と国道7号、国道345号に囲まれた場所で、敷地面積約2・1ヘクタール。日沿道と国道7号双方の利用者が立ち寄ることができる。

 国と市による「一体型」の道の駅で、駐車場や24時間利用可能のトイレなど道路休憩機能、道路や観光の情報発信機能、鮮魚など産直物販施設や飲食施設などの地域連携機能、さらに防災機能を併せ持つ施設とする。建物面積は約1700平方メートルを想定。年間入り込み客数は「しゃりん」の2倍強となる70万人を見込み、物販や飲食の年間売上高は5億円を目標にしている。

 施設テーマは「鼠ケ関・温海・鶴岡の“旬”をつないで、手軽に、いつ来てもワクワクする道の駅」。整備方針には▽日本海側の東北のゲートウェイ(玄関口)として広域的に地場産品を充実させ、グルメによるおもてなしを提供▽地元との協働・連携による積極的なイベント実施による、持続的なにぎわい形成の拠点▽地域活性化に寄与する施設―などを掲げた。

 今後のスケジュールでは、市が23年12月に民間事業者を決定し、事業者は24年3月の市議会での議決を経て実施設計に入り、25年度の着工、26年度中の完成を予定する。

鼠ケ関ICそばに移転整備される「道の駅」の予定地(鶴岡市提供)

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク