全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

海のスペシャリスト育成 デジタル化対応「海光丸」進水 加茂水産高の小型実習船

 鶴岡市の加茂水産高生が授業で体験する小型実習船「海光丸」が完成し24日、同市の由良漁港で進水式が行われた。船には精度が高い魚群探知器など最新型のデジタル機器を搭載。来月から生徒が船に乗って刺し網やはえ縄漁などを学ぶ。

海に浮かぶ「海光丸」。4月から実習船として活躍する

 海光丸の船体は強化プラスチックのFRP(繊維強化プラスチック)製で、長さは10メートル、幅2・68メートル、総トン数は3・4トン。15人乗りで、時速30―35キロで進むことができる。デジタル化に対応した海洋教育を進めるため、県が昨年8月から由良漁港に面した豊浦造船鉄工で造船してきた。

 進水式には加茂水産高の教諭や県教育委員会、県漁業協同組合など関係者合わせて約20人が参列。船の前に設けられた祭壇に玉串をささげるなどして実習の安全を願った。

 加茂水産高の安部康典校長は「光の海に未来をかける、という願いを込めて『海光丸』とした。デジタル化に対応したすばらしい実習船を有効活用し、海のスペシャリストを育成していきたい」とあいさつした。

 「海光丸」は今後、加茂港に停泊。漁業体験やダイビング実習、教官のもとで操作技術を学び、早ければ2年生で小型船舶免許が取得できる。加茂水産高には現在、4隻の小型実習船があるが、「海光丸」が完成したことで老朽化が進んでいた「あさなぎ」は引退する。

関連記事

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

紀伊民報社

心安らぐピンク色の花 大賀ハス咲き始める

 和歌山県上富田町岡の田中神社近くにあるハス田で、大賀ハスの花が咲き始めた。世話をするグループによると、7月中旬ごろまで見ることができるのではないかという。  大賀ハスは、1951年に植物学者の...

十勝の精肉店がワンツー独占 味付ジンギスカングランプリで最高賞

 味付け羊肉の需要拡大を目的としたコンテスト「味付ジンギスカングランプリ2024」で、最高賞のグランプリに上田精肉店(新得)の「ラム肩ロースジンギスカン」、準グランプリにミートショップ小久保(芽室...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク