全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

いけすですくすく サーモンの成長順調 八峰町

サーモンの養殖試験で魚体のサイズなどを調べる関係者

 八峰町の若手漁業者らでつくる株式会社「八水」(菊地陽一社長)が同町の岩館漁港で取り組むトラウトサーモンの養殖試験は、昨年12月末の開始から2カ月余りが経過した。いけすに入れた500匹のうち約450匹が生存し、6月ごろの出荷までに8割の400匹を育てる目標を達成できるペース。菊地社長(42)=同町八森岩館=は「順調に成長して安心している。しっかりと管理を続けたい」と話している。

 ハタハタの漁獲量減少や漁船の燃料費高騰、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う魚価の低迷などを受けて漁業者が苦境に立たされる中、サーモンの養殖試験は漁業者の収入確保や雇用創出を目指した「つくり育てる漁業」の試みで、八水が県の委託事業として実施している。
 青森県深浦町でサーモンの養殖事業を手掛ける「日本サーモンファーム」の協力も得て、昨年12月27日に県内初のサーモンの養殖試験を開始。日本サーモンファームから仕入れた重さ約800㌘の未成魚500匹を漁港内に浮かべた5㍍四方のいけすに入れ、自動給餌機で餌やりするなど管理している。
 試験開始から1週間で約20匹死んだが、「死んだのはもともと弱っていた魚で想定内の範囲」と菊地社長。その後はほぼ順調に成長し、455匹(今月5日現在)が生きている。
 八水や日本サーモンファームの社員、県や町の職員ら10人余りが先月28日、岩館漁港で魚の大きさなどを調べた。3匹を揚げて重さを計測し、平均値は1・38㌔。最大で2・2㌔だった。「順調に成長している」と県水産漁港課。重さで管理しているため試験開始時の体長は不明というが、この日は体長も測り、平均値は48㌢だった。
 試食も行い、刺し身で食べた菊地社長は「脂が乗っていて、今まで食べたサーモンの刺し身で一番うまかった」と笑顔を見せた。
 4月に競りや入札に掛けて価格調査を行い、5月末~6月に出荷できる見込み。菊地社長は「このままのペースで成長すれば重さ3㌔は超えると思う。出荷に向けて、しっかりと管理を続けたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク