全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

少子高齢化 フードロス問題 フィリピンでは? 現地の高校生と意見交換 酒田南高オンラインスタディーツアー

 酒田市の酒田南高校(齋藤法明校長、生徒615人)で27日、「オンラインスタディーツアーinフィリピン」が行われ、同校生徒がフィリピンの社会問題について理解を深めるとともに、現地の高校生らと意見交換した。

酒田南高校の生徒たちがフィリピンの高校生とオンラインで意見交換した

 同校特別進学コースZ進学専攻(国公立大学・難関私学進学)では、研修旅行を予定していたが、コロナ禍のため実施できなかったという。こうしたことから、オンライン国際交流授業に取り組む「With The World」(五十嵐駿太社長、本社・兵庫県神戸市)が主催するオンラインスタディーツアーに取り組むことにした。Z進学専攻の1年生10人は、フィリピンのことをネットで調べたり、同市在住のフィリピン出身者を招いて話を聞くなど事前学習を重ねてきた。

 この日は生徒が5人ずつ2班に分かれ、ウェブ会議システム「Zoom」を介したリモートでツアーに参加し、フィリピン・イロイロ市に住む高校生らと英語で意見交換した。

 好きな食べ物や自国の文化、マイブームなどの話題で打ち解けた後、経済的発展を遂げたイロイロ市と、その中心から少し離れたカラフナン村にあるごみ処理場で資源物を回収して暮らす人々やNGOの支援で学校に通う高校生の動画が紹介された。生徒たちは「日本は少子高齢化が進んでいるが、フィリピンではどうなのか」「フードロスが大きな問題になっているが、どう考えているか」など質問し、世界で起きている問題について理解を深めた。

 参加した遠藤萌衣さん(16)は「ごみの問題とは別に、そこに暮らす子どもが学校にいけないという問題もある。動画の中で高校生が『家族との時間が持てることが一番の幸せ』と言っていたことが印象に残った」と話していた。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク